面接で緊張して飛ぶのを防ぐには?緊張しすぎて話せない、つっかえつっかえで死にそうだった24卒筆者が見つけた緊張しない方法

面接 緊張しすぎ 飛ぶ

「面接で毎回緊張してしまって頭が真っ白になる」「面接で緊張しすぎて上手く話せない」と気になりますよね。

面接で緊張して話そうと思っていた内容が飛んでしまうのは誰にでもあることです。24卒として就活をしていた私も面接前は毎回緊張してしまい、面接がボロボロになってしまったこともありましたが、いくつかの方法を抑えてからは過度な緊張が防げるようになりました。

そこで本記事では、緊張しやすい性格で面接がボロボロになりやすかった筆者が緊張しにくくなった方法を紹介します。

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

面接で緊張して内容が飛ぶのは誰にでもある

まず、面接で緊張して内容が飛んでしまうのは誰にでもあることです。

毎年多くの就活生を面接をしている採用担当者も緊張していることは想定済みです。

そのため、緊張してしまい回答に詰まってしまう、つっかえつっかえになってしまったことが直接マイナス評価につながることはほとんどありません。

まずは、面接で緊張しすぎることで内容が飛んでしまい、上手く話せなかった自分を責めることは辞めましょう。

どんな人でも、ある程度対策を積めば緊張しにくくなったり、緊張していても上手く回答できるようになります。

面接で緊張して回答が飛ぶ原因と対処法

まずは面接で緊張して回答が飛ぶ人におすすめの対策を原因のタイプ別に紹介します。

面接で緊張して回答が飛ぶ原因
  • 志望度が高くて緊張してしまう
  • 面接をあまり受けたことがなく緊張してしまう
  • かしこまった雰囲気が苦手で緊張してしまう
  • 圧迫面接を経験したことがある

面接で緊張して回答が飛ぶ原因と対処法#1
志望度が高くて緊張してしまう

志望度が高い企業を受ける際に、緊張してしまう人は面接の初めにそのことを伝えてしまえば採用担当者も優しい目で見てくれやすいです。

自己紹介の最後に「第一志望の面接のため、いつも以上に緊張していて上手く話せないこともあるかもしれませんが、精一杯やりますのでよろしくお願いします」などと言えば大丈夫です。

面接慣れしていたり、志望度の低い練習企業の選考では緊張しにくい人でも、志望度が高い企業では力が入りやすいものです。

回答の中で、OB訪問をしていることを伝えたり、会社のどのような点に魅力を感じているのかを話して志望度を伝えれば採用担当者側も「ウチが第一志望だから少し緊張しているんだな」と優しい目で見てくれます。

面接で緊張して回答が飛ぶ原因と対処法#2
面接をあまり受けたことがなく緊張してしまう人

面接をまだあまり受けていないことで緊張してしまう人は、練習あるのみです。

このようなタイプの人は、模擬面接をある程度繰り返せば緊張しにくくなり、本番でも本来の力を発揮できるようになります。

模擬面接でガクチカや自分の強みなど定型質問への回答を何度も繰り返すと、だんだん何も考えなくても口が勝手に動いて回答できるようになります。

まずは友達や就活エージェントの担当者に模擬面接をお願いしたり、練習企業を受けて経験を積みましょう。

面接で緊張して回答が飛ぶ原因と対処法#3
かしこまった雰囲気が苦手で緊張してしまう人

スーツを着てかしこまった雰囲気で行うことに緊張してしまう人は、自分らしく自然体で臨んで大丈夫です。

人によって「◯◯でございます」「私と致しましては〜」など丁寧すぎる言葉を使うことがありますが、普段使っていない限り丁寧すぎる言葉で回答する必要はありません。

面接官はあくまでも、ありのままのあなたを知りたいと思っているので、丁寧語であればラフな雰囲気で大丈夫です。

「ほんっとうに悔しかったです」「ぜっったいに負けるもんかと思いました」など、感情は強めのアクセントで伝えると、伝わりやすいです。

面接で緊張して回答が飛ぶ原因と対処法#4
圧迫面接を経験したことがある人

圧迫面接を経験して面接がトラウマになってしまった人もいるでしょう。

私も初めて圧迫面接を経験した後は、どんなに練習していても面接前に緊張していました。

結論から言うと、圧迫面接をしてきた企業や面接官のことは記憶から消して次の企業に取り組みましょう。

圧迫面接をする企業は、答えにくい質問で学生を詰めることでストレス耐性や咄嗟の対応能力を図ろうとしていますが、そのような能力は圧迫面接をしなくても普通の面接の回答や適性検査の結果で分かることです。

圧迫面接をされて上手く答えられなかったり、落とされた場合は「嫌な企業、面接官だったな。入社してしまう前に分かってよかった」くらい強気の気持ちを持って、他の企業を受けましょう。

面接での緊張を緩和する方法

どのような対策や練習をしても、面接で緊張してしまう人は下記の方法を取り入れてみましょう。

面接での緊張を緩和する方法
  • 自己紹介の時点で緊張していることを打ち明ける
  • 話が飛んでも笑顔だけは保つ
  • 相手の目を見て話し相槌を大きく打つ
  • 話が飛びそうになったらいったん間をとる
  • オンラインの場合は要点をメモしておいてもOK

面接での緊張を緩和する方法#1
自己紹介の時点で緊張していることを打ち明ける

自己紹介の時点で緊張していることを打ち明けましょう。

面接で緊張してしまうことはマイナス評価にはつながりません。

ただ、緊張していることを隠そうとしつつ隠せていない場合、採用担当者側に「やる気がないのかな」「論理的に回答できない子なのかな」と誤解されてしまう可能性があります。

面接の冒頭の自己紹介の時点で、緊張していることを面接官に伝えてしまえば、自分の気持ちも軽くなりますし、面接官に話し方で減点される可能性を減らすことができます。

面接での緊張を緩和する方法#2
話が飛んでも笑顔だけは保つ

緊張しすぎて話すつもりだったことが飛んでしまっても、笑顔だけは保ちましょう。

大手企業の採用を担当しており、今まで1,000人以上の新卒採用面接を担当していた方は「話がうまくなくても、とにかく笑顔な子は応援したくなるし受からせたいと思う」と話していました。

上手く話せなくても、笑顔で一生懸命伝えようとしている姿を面接官は評価してくれます。

とにかく笑顔だけを心がけて面接に臨みましょう。

面接での緊張を緩和する方法#3
相手の目を見て話し相槌を大きく打つ

自分がうまく話せなくても、目を見て話す事や逆質問などで面接官が話すターンの時に相槌を大きく打つ事なら取り入れやすいです。

筆者は、うまく話せないことは分かっていたので、相手の目をみて話す事で熱意を伝えようとしていました。

実際に面接が終わった後に採用担当者にフィードバックで「はるかさんが目をしっかり目を見て話すから、こちらの気持ちを見透かされそうでビビりながら面接をしていたよ(笑)」と言われた事があります。

面接官も人間なので、緊張していたり相槌を打ってくれる就活生に好感を抱きやすいものです。

回答の質に自信がないならば、それ以外でプラス評価がもらえるように努力しましょう。

面接での緊張を緩和する方法#4
話が飛びそうになったらいったん間をとる

緊張してしまい、伝えようとしていた話が飛びそうになったら、一旦間をとりましょう。

答えにくい質問をされたり、回答しようとしていたことをど忘れしてしまったら「難しい質問ですね。少し考える時間をいただけますか。」と伝えて間を取りましょう。

いったん間をとって冷静になる事で、回答が思い出せたり、他の回答が思いつきやすくなります。

慌てて適当な回答をするよりも、時間を取ってもらっても冷静に論理的ない回答をする方が評価は高くなりやすいのです。

面接での緊張を緩和する方法#5
オンラインの場合は要点をメモしておいてもOK

オンライン面接の場合は、要点をメモしてカンニングペーパーを作って大丈夫です。

あまり視線を動かしすぎるとバレますが、Wordなどで作っておいてカメラと同じ視点で回答していればほぼバレる事はありません。

要点をメモしておけば、そもそも回答を忘れてしまう心配がないので、普段よりも安心して面接に臨めます。

はるか

一字一句メモをしてしまうと、視点がずれやすくバレてしまうので、要点だけメモして残りの言葉はその時思いついた表現で伝えるのがおすすめです。

効果的な模擬面接の方法

緊張しないためには模擬面接を行なって、面接慣れするのがおすすめですが、より模擬面接を効果的にするためには下記の方法を取り入れましょう。

効果的な模擬面接の方法
  • 定期的に面接をするメンバーを作る
  • 面接を録画・録音して隙間時間に振り返る
  • 圧迫面接官を演じてもらう
  • 模擬面接で褒められた部分をまとめておく

定期的に面接をするメンバーを作る

定期的に面接練習をするメンバーがいると、自分の面接スキルが伸びたのか確認できます。

毎回どのポイントを重点的に見て欲しいか伝えて月1〜2回、定期的に模擬面接をお願いしましょう。

定期的に就活のことを話すメンバーがいると、自身の面接スキルの変化を評価してもらえるだけでなく、就活相談や今の悩みも打ち明けられるので、精神的に楽になります。

面接を録画・録音して隙間時間に振り返る

面接を録画・録音して隙間時間に振り返るのもおすすめです。

自分の癖や話し方のイントネーションは、自分ではあまり気づかないものですが、人によってはかなり癖がありマイナス評価につながることがあります。

録画や録音をして見返してみると「えっと」「あー」など無意味な言葉を繰り返している事や、無意識に前髪を何度も触っていることなど自分の直すべき癖が見つかります。

模擬面接でも相手に許可をもらい録画させてもらうと、表情や抑揚など細かい部分を修正できるのでおすすめです。

圧迫面接官を演じてもらう

圧迫面接を苦手に感じる人や受ける予定の企業で圧迫面接をされる可能性のある人は、圧迫面接官を演じてもらう慣れておきましょう。

圧迫面接の目的は、学生のストレス耐性や咄嗟の対応を判断することなので、慌ててしまい普段通りの回答ができないとマイナス評価につながります。

答えにくい質問を何度も深掘りされても「少し時間をいただけますか」などと時間を稼いで、冷静な回答ができるように練習しておくのがおすすめです。

模擬面接で褒められた部分をまとめておく

模擬面接でフィードバックをもらった時は、自分の良かった点を書き出してまとめておきましょう。

模擬面接で改善点を見つけてもらい、より良い回答にするのももちろん重要ですが、大事なのは面接に自信を持って臨むことです

自分の良かったポイントを書き出して、面接前に見返すと普段より自信を持って面接に臨めます。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次