面接練習の相手がいない人向け|24卒の元就活生が一人で練習する方法や練習相手を見つけるおすすめアプリ・サービスを紹介

面接練習 相手がいない アイキャッチ

「面接の練習をしたいけど、一緒に出来る相手がいない」「1人で面接対策してもどこを直したら良いのか分からない」と気になりますよね。

ただ、面接練習は相手がいなくても一人で十分回答の質を伸ばすことができます。今回は、24卒の就活生として5社の内定を獲得した筆者が、面接練習の相手がいない人におすすめの練習法を紹介します。

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

面接練習は相手がいない場合でも出来る!

まず、面接練習は自分の面接を見てくれる相手がいなくても、十分に面接力を鍛えることができます。

面接練習で大切なのは、回答を論理的に答えられるようにすることと、良くある質問の回答を何度も言うことで自然と口が動かせるようになることです。

回答の論理性は他の人に評価してもらった方が改善しやすいですが、一度人に見てもらった後は自分一人でも繰り返し答えてみることで、実際の面接でも緊張せずに話しやすくなります。

ガクチカや志望動機、自身の強みなど頻出質問の回答は何度も練習していると次第に何も考えなくても口が動くようになり、面接に余裕が生まれるのです。

はるか

よく聞かれる質問の回答は、一人で何度の練習すればスラスラと回答できるようになりますよ!
一人でも、何度も練習することで自信がつき面接で緊張しにくくなります。

相手がいなくてもできる面接練習方法

面接の練習をする際に、一緒に練習してくれる相手がいなくても効果的に練習する方法は多くあります。

相手がいなくてもできる面接練習方法
  • 面接でよく聞かれる質問リストを作って答えを考える
  • 自分の回答を書き出して論理的か確認する
  • 自分の面接を録画して見てみる
  • 面接官を想像して隙間時間も独り言で練習する

相手がいなくてもできる面接練習方法#1
面接でよく聞かれる質問リストを作って答えを考える

面接でよく聞かれる質問は、どの業界・企業でもある程度決まっているので質問リストを作ってみましょう。

基本的に選考の初めの段階の面接では、下記のようにどの企業でも聞かれることが多い質問があります。

  • 自己紹介
  • ガクチカ2つ
  • 自己PR
  • 就職活動における軸
  • 志望動機

ガクチカや自身の強みと弱みなどは、どの企業でも同じ回答を使い回せるので事前にある程度回答を固めておくのがおすすめです。

相手がいなくてもできる面接練習方法#2
自分の回答を書き出して論理的か確認する

よくある質問に対して、回答を書き出して文章として論理的な説明なのか確認してみましょう。

ただ話しているだけでは自分の想いが全て伝えられているように感じても、客観的に見ると「なぜその活動を始めたのか、なぜその行動を起こしたのか」という想いやどのような強みが活きたのかが伝わっていないことも多いものです。

また、無駄な内容を話しすぎて回答が長くなりすぎている場合もあります

論理的かつ簡潔に回答ができないと、面接官側は飽きてしまったり学生が何を結局伝えたかったのかが分からなくなってしまうので、確認してみてください。

相手がいなくてもできる面接練習方法#3
自分の面接を録画して見てみる

自分の面接を録画して後から振り返るのもおすすめです。

自分では気がつかないうちに、話し方や表情、仕草には癖が出ています

例えば、回答の前に「えー」「あー」と言った必要のない言葉を入れてしまう学生は多く、また何度も無意識に前髪を触ってしまう癖がある女性も多いです。

自分では無意識でも、面接中に癖が何度も出てしまうと面接官側は気になって減点されたり、回答を集中して聞けなくなってしまいます

また、回答が論理的に話せているのか、表情ほぎこちなくないのかなども確認してみてください。

相手がいなくてもできる面接練習方法#4
面接官を想像して隙間時間も独り言で練習する

面接官を頭の中において、独り言を呟くように回答して面接を再現してみるのもおすすめです。

独り言で回答の練習をする方法だとシャワーを浴びている時や部屋の掃除をしている時、寝る前など隙間時間にいつでも練習をすることができます。

頭の中に面接官を置いてみることで、慣れてくると自分の回答に対してどこを深掘りたくなるのか面接官目線で考えられるようにもなり、だんだんと相手の質問を誘導できるようになります

また効率的に何度も回答の練習ができるので、本番には自然と口が動くようになり、余裕を持って面接に臨むことができるようになるのです。

はるか

この方法は総合デベロッパーや総合商社に内定した友人もおすすめしていました。
一人で出来るので効率的に面接力を伸ばすことができ、自信が芽生えてきます。

面接練習をしてくれる人を探す方法

面接練習は一人でも十分効果的に進められる一方で、やはり第三者から客観的な評価をもらって修正することも重要です。

一人で回答を見ていると本当に論理的なのか分からなくなったり、改善点を探そうとしすぎて良い部分が見えなくなり自信を失ってしまう可能性もあります。

面接練習をしてくれる人を見つけたい人は、下記の方法がおすすめです。

面接練習をしてくれる人を探す方法
  • 就活エージェントに登録して担当者に対応してもらう
  • Matcherで模擬面接してくれる人を探す
  • Twitterで就活垢を作り就活仲間を集める
  • 就活コミュニティに所属して模擬面接募集をかける

面接練習をしてくれる人を探す方法#1
就活エージェントに登録して担当者に対応してもらう

就活エージェントに登録すると、各学生に担当者がつきESの添削や面接練習にのってくれます。

担当者はこれまで数々の就活生を支援してきた就活のプロなので、企業側が求めるポイントや高評価をもらうための話し方のコツなどをおさえています

まだ自己分析が出来ておらず何をアピールすれば良いのか分からない人でも、自分の強みや得意分野を見つけるサポートをしてくれるので安心です。

面接練習をしてくれる人を探す方法#2
Matcherで模擬面接してくれる人を探す

OBOG訪問アプリ『Matcher』で模擬面接に対応してくれる人を探してみましょう。

Matcher』とは「おすすめの本を教えてください」「自分の話が分かりやすかったかFBをください」など社会人からの簡単なお願いに答えるとOB訪問が出来るサービスです。

OB訪問では、会社のことを聞くだけでなく模擬面接に応じてくれる社会人も多いです。

社会人目線から自身の回答に対するフィードバックがもらえるので、効率的に回答をブラッシュアップさせることが出来ます。

はるか

筆者もよくMatcherで模擬面接やOB訪問をお願いしていました!
コンサル業界やIT業界、人材業界などどの業界の社会人も満遍なく登録しているので、模擬面接してくれる人を見つけやすいです。

面接練習をしてくれる人を探す方法#3
Twitterで就活垢を作り就活仲間を集める

Twitterで就活垢を作って、相互フォローしている人と面接練習をする人もいます。

就活垢では志望業界や志望企業などがある程度書かれているので、同じ業界や企業を目指す学生と出会いやすいです。

やり取りをして仲が深まると、オンライン上で模擬面接をする人も多く、同じ業界を目指す仲間たちと対策をすることもできます。

はるか

就活垢を作る際は、企業にアカウントがバレないよう個人が特定されるような情報は載せないようにしましょう
企業の人事はSNSをチェックしており、悪質な内容を投稿しているアカウントを特定して、選考の過程で落としています。

面接練習をしてくれる人を探す方法#4
就活コミュニティに所属して模擬面接募集をかける

就活コミュニティに所属して、模擬面接を同期や内定者にお願いするのもおすすめです。

就活コミュニティには『エンカレッジ』など無料でメンターがついてサポートしてくれるサービスから有料のコミュニティまで様々なものがあります。

無料のコミュニティは費用をかけずにサポートしてもらえる一方で、内定者の質は様々というデメリットもあります。

一方で有料のコミュニティは費用がかかるものの、難関企業に内定した内定者や社会人からサポートが受けられるので、効率良く就活を進められます。

どちらのコミュニティにもメリット・デメリットはあるのでまずは無料のもので模擬面接をお願いして、より本格的に対策をしたくなったら有料コミュニティへの参加を検討してみるのもおすすめです。

事前に対策したい質問リスト

よく聞かれる質問は独り言や紙に書き出す方法など、1人でも十分対策できます。

こちらでは、よくある質問に対してどのように練習をすればいいか紹介します。

よく聞かれる質問の練習方法
  • 自己紹介
  • ガクチカ
  • 志望動機
  • 自分の強み・弱み

事前に対策したい質問#1
自己紹介

自己紹介はその学生の第一印象となるので、採用担当者に印象づけられるような工夫が必要です。

基本的には自己紹介は1分程度で、企業によっては30秒や2分など回答時間を指定してくる場合もあります。

学校名・学部名・簡単なガクチカや強みを自分の言葉で伝えましょう。

自己紹介で伝えた自身の特徴と、その後の面接での回答で伝わる人柄を一致させるために、その面接を通じてどういう人柄をアピールしたいのか考えてみましょう。

また周りを笑顔にできる人だと「常に周りを元気にさせるアンパンマンのような存在です」と伝えるなど自己紹介の後半部分に自分の特徴を表すキャッチコピーを入れると覚えてもらいやすくなります

はるか

例えば、「初対面の人からは穏やかで大人しそうと言われることが多いですが、実際はかなりの負けず嫌いです。」と見た目と中身にギャップがあることを自己紹介の時点で伝えてから、面接の回答で負けず嫌いな性格をアピールしていました。

事前に対策したい質問#2
ガクチカ

ガクチカはチームで取り組んだ経験と学業で取り組んだ経験を用意しておくのがおすすめです。

特に日系企業では、プロジェクトを進める際のチームワークを重視するので一人で物事を成し遂げたエピソードより、皆と目標を達成した、創り上げたエピソードを用意しておきましょう。

ガクチカを話す際は「結論→施策をうつ前の課題→解決するために行なった行動とその想い→結果」の順に話すと伝わりやすいです。

「なぜその施策を選んだのか」「自分の強みはどの場面で活きたのか」など自身の人柄や想いが伝わっているか確認してみましょう。

事前に対策したい質問#3
志望動機

志望動機は一度紙に書いてみて第三者に見てもらうのがおすすめです。

自分ではその企業に絶対に行きたいと思って書いた志望動機でも、他人から見るとどの企業でも通用しそうなことを書いているケースも多いものです。

同業他社と比較してなぜその企業に行きたいのか、その会社ではどのようなことを成し遂げたいのかをもう一度考えて、反論のできない志望動機であるのか振り返りましょう。

事前に対策したい質問#4
自分の強み・弱み

自分の強みや弱みは、面接での回答と一貫していると高評価を得やすくなります

例えば「好奇心旺盛」という強みは「飽き性」という弱みにもつながり「人に優しく誰だとしても力になりたいと思う」という強みは「どんな時でも世話を焼いてしまうおせっかい」という弱みにもつながります。

弱みは改善させるべきところというよりも強みの裏返してあることも多く、素直に伝えてしまって構いません。

まずは他の人に自分の強みを聞いてみて、自分の特徴を知り自己分析を深めてみてください。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次