面接で話せないのは病気?スラスラうまく話せない人が合格するためポイントを24卒元就活生が解説

面接 話せない 病気 アイキャッチ

「面接でなかなかうまく話せなくて嫌になる」「練習しても緊張してしまう」と気になりますよね。

結論として、面接でうまく話せないのは就職活動をする学生が抱える最も多い悩みで、病気ではありません。ただ、どんなに面接に苦手意識を持っている人でも自分が上手く話せない理由を理解して、すぐに対処できるところだけでも意識することで高評価を受けやすくなります。

本記事では、24卒の就活生として5社の大手企業から内定を獲得した筆者が面接で上手く話せない理由やおすすめの対処法を紹介します。

この記事の要約
  • 面接で上手く話せないのは病気ではない
    → ほとんどの就活生は緊張したり焦って上手く話すことができていない
  • 面接官に緊張して上手く話せないことを打ち明けると楽になる
    → 面接官側も素直に伝えてくれる学生の方が好感を抱く

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

面接で話せないのは病気ではない

ほとんどの就活生は面接で上手く話せない、良い回答ができないことに悩んでいます

面接で自信満々に回答できる人はほんの一握りで、緊張してしまったり回答が思いつかず焦ってしまい、上手く話せない人の方が多いものです。

匿名

今日の面接も失敗した…
たくさん対策したのに、上手く回答できなかった

匿名

想定外の質問をされるとパニックになって黙り込んでしまう…
絶対落とされた

匿名

話すの下手なせいで就活全然上手くいかない
練習しなくても自分より上手い人たくさんいるのに…

上記のように、面接で上手く話せないことは就職活動で最も多い悩みです。

面接官側も、緊張していて回答につまったり、上手く話せない学生がいることを理解しているので、完璧な回答を求めているわけではありません

決してあなたが悪いわけでも、努力が足りないわけでもないので気にしすぎないでください。

面接で上手く話せない理由

面接で上手く話せないのには、大きく分けて6つの理由があります。

面接で上手く話せない理由
  • 練習や経験不足
  • 緊張して内容がとんでしまう
  • 過去の面接で失敗したトラウマがある
  • 面接の回答を暗記していて忘れてしまう
  • 自分の回答に自信がない
  • 面接官の反応を気にしすぎてしまう

面接で上手く話せない理由#1
練習や経験不足

最も多いのは、面接の練習や本番の面接経験が不足していることです。

完璧とまではいかなくても、模擬面接などで練習を重ね、本番の面接経験を詰んでいくと少しずつ面接の場や口に慣れてきて、回答の質が上がります

「練習をしても本番になるとちゃんとした回答ができない」と悩む人もいるかもしれません。

ただ、100回以上の模擬面接をして様々な学生を見てきた私の経験からして、改善点を見つけて意識していた人は皆、少なからず面接力が向上しています。

はるか

本選考の時期は3ヶ月で80回の模擬面接をしていました。
初めは全く話せませんでしたが、最後の方は勝手に口が動くようになっていました。

面接で上手く話せない理由#2
緊張して内容がとんでしまう

本番になると緊張して内容がとんでしまう人も多いです。

特に本番の面接経験が少なかったり、志望度の高い企業の面接を受ける場合は緊張しやすいものです。

緊張を取ろうとするとさらに緊張してしまうので、無理にリラックスしようと意識する必要はありません

「今回が初めての対面での面接で緊張してしまうんです」「本日は第一志望の面接で緊張をしているのですが、精一杯自分の気持ちを伝えたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」などと、面接前に面接官に伝えてしまうと楽になります。

面接で上手く話せない理由#3
過去の面接で失敗したトラウマがある

過去の面接で失敗をしてしまったトラウマがある人もいるでしょう。

面接で答えにくい質問をされてずっと答えられなかったり、圧迫面接で何度も責められたり回答を否定されると忘れられないものです。

一度自信を失くしてしまうと「また上手く話せないんじゃないか」と考えてしまい、面接でも表情に覇気がなくなったり棒読みになってしまいます。

その結果、また面接で落ち自信を失くすという負のループに陥ってしまうこともあるのです。

面接で上手く話せない理由#4
面接の回答を暗記していて忘れてしまう

普段は面接を上手く話せないので暗記をしていると、本番になると焦ってしまい回答を忘れてしまうことも多いです。

ガクチカや自分の強みと弱み、志望動機など面接の頻出質問はどの企業でも被っています。

完璧な回答をしようと文章を作成して暗記をする人は多いですが、丸暗記をしてただ話していると棒読みになったり感情を込めて話せないものです。

基本的に、覚えていた回答に対して感情を込めて話せる人はいないので、丸暗記はおすすめできません

はるか

ある程度回答の概要を決めて、面接練習を重ねるのがおすすめです。
何度も話していると口が勝手に動くようになります。

面接で上手く話せない理由#5
自分の回答に自信がない

自分のガクチカや回答に自信が持てないと自己嫌悪に陥ってしまうものです。

回答だけでなく、ガクチカにインパクトがなく周りと差がつかなかったり周りに劣っていると思ってしまうと、堂々と回答ができなかったり上手く伝えられず面接に落ちやすくなります

ガクチカや回答に自信がない時は、第三者に見てもらいフィードバックをもらいましょう

他の人が聞くと十分評価されるガクチカであることが分かったり、改善点が見つかれば評価される回答にブラッシュアップさせることができます。

面接で上手く話せない理由#6
面接官の反応を気にしすぎてしまう

面接官の表情や回答に対し、なんと返されるのか気になってしまい上手く回答できない人もいます

面接官も人間なので、納得できる回答が得られると頷き返してくれたり、笑顔になるなど雰囲気が柔らかくなる人が多いです。

一方で、論理的ではない回答や聞いていることに答えられていないと、怪訝な顔をされたり、雰囲気が一気に重くなることがあります。

面接官の反応次第で空気感が変わるので、誰しも気にしてしまうものですが、思うような反応が得られなくても合格していることも多いので、気持ちを切り替えて臨みましょう

はるか

筆者も最終面接で何を回答しても怪訝な顔をされて、面接終了時刻前に面接が終わり「落ちた…」と思ったことがあります。
それでも最後まで必死にアピールをしていたら、内定していたので自分の感触は信じずに最後まで頑張りましょう。

面接で悪印象を与えないためのポイント

面接で上手く話せない理由が分かったとしても、意識をしてしまうとより話せなくなってしまったり、面接当日までにもう時間がない人もいるかと思います。そこで、すぐに出来る面接で好印象を与えるためのポイントを紹介します。

面接で悪印象を与えないためのポイント
  • 自己紹介の時点で緊張していることを打ち明ける
  • 話が飛んでも笑顔だけは保つ
  • 相手の目を見て話し相槌を大きくうつ
  • 話が飛びそうになったらいったん間をとる
  • オンラインの場合は要点をメモしておいてもOK

面接で悪印象を与えないためのポイント#1
自己紹介の時点で緊張していることを打ち明ける

最もすぐにできるおすすめの方法は、自己紹介の時点で緊張していて上手く話せないかもしれないことを面接官に伝えることです。

自己紹介の最後に「本日は第一志望の面接ということで緊張していて、上手く話せないこともあるかと思いますが自分の〇〇という魅力が伝わるよう、精一杯やっていきますので、よろしくお願いいたします。」などと伝えると志望度や今回の面接で伝えたい人柄が伝わります。

面接で緊張してしまうのは当たり前のことで、面接官も理解を示してくれます。

特に、一生懸命回答しようとしている学生や志望度の高さが伝わってくる学生には優しい目で見てくれます。

初めに緊張していることを伝えて、楽な気持ちで面接に臨みましょう。

面接で悪印象を与えないためのポイント#2
話が飛んでも笑顔だけは保つ

面接の回答をしている際に、言いたいことが分からなくなってしまい話が飛ぶこともあるかと思います。

志望動機の深掘りや予定外の質問をされると、誰でも回答に詰まりやすくなるものです。

上手く回答できなかったと感じても、面接が終わるまでは笑顔を保ちましょう

面接官も常に満点の回答を求めているわけではなく、あくまでも学生から感じた印象と回答内容で合否を決めています

なるべく早く切り替えて、笑顔だけ意識してください。

面接で悪印象を与えないためのポイント#3
相手の目を見て話し相槌を大きくうつ

自分が回答しているときは相手の目を見て話し、相手が話しているターンの時は相槌を大きくうちましょう。

会話の内容よりも熱意を持って話すことや相手の話を真剣に聞くことの方が、コミュニケーションにおいて相手から受ける印象に影響を与えています

皆さんも人と話していて、目を見て話してくれたり自分の話を楽しそうにリアクション大きく聞いてくれる人に好感を抱きますよね

目を見て話すことで自信を持っていると評価してもらうこともできますし、相槌をしっかりとうつだけで相手もより企業や業務について話してくれるようになります。

面接で悪印象を与えないためのポイント#4
話が飛びそうになったらいったん間をとる

何を回答したらいいのか分からなくなって、話が飛びそうになったらいったん間をとりましょう

すぐに答えられない質問だと感じたら「難しい質問ですね。少しだけ考える時間をいただけないでしょうか。」と伝えれば大丈夫です。

面接官側も答えにくい質問をしていることは分かっているので、回答で間を取ることで低評価につながることはありません

一旦考える時間を取って、落ち着いて回答しましょう。

はるか

間を取ると低評価につながると心配する人も多いですが、無理に浅い回答をされるよりも素直に難しい質問と伝えてくれる学生の方が評価が高いです。
実際に、最難関の総合商社の面接でも間を取ったり分からない質問には分からないと答えている学生が多く内定を掴み取っています。

面接で悪印象を与えないためのポイント#5
オンラインの場合は要点をメモしておいてもOK

オンライン面接の場合は、オーソドックスな質問に対する回答をメモしてしまっても大丈夫です。

回答を一字一句メモして読み上げると、紙に書いてあることがバレてしまうので絶対に伝えたい要点だけ書いておくのがおすすめです。

丸暗記をするよりも回答に詰まるリスクが減らせてリラックスして面接に臨むことができます。

はるか

筆者もオンライン面接の時はメモを手元に用意していました!
回答する時はカメラを見ればバレることはほとんどありません。

効果的な模擬面接の方法

面接でスムーズに話せるようになる最も効果的な方法は、やはり模擬面接です。

どんなに話すことに苦手意識を持っている人でも何度も論理的に回答する練習をしたり、予定外の質問に答える経験を積むことで以前よりも話せるようになります。

そこでこちらでは、模擬面接をより効果的に活用するためのポイントを紹介します。

模擬面接を効果的に活用するためのポイント
  • 定期的に面接をするメンバーを作る
  • 毎回の模擬面接に目標を作る
  • 面接を録画・録音して隙間時間に振り返る
  • 模擬面接で褒められた部分をまとめておく

定期的に面接をするメンバーを作る

定期的に面接練習をするメンバーがいると、自分の面接スキルが伸びたのか確認できます。

毎回どのポイントを重点的に見て欲しいか伝えて月1〜2回、定期的に模擬面接をお願いしましょう。

定期的に就活のことを話すメンバーがいると、自身の面接スキルの変化を評価してもらえるだけでなく、就活相談や今の悩みも打ち明けられるので、精神的に楽になります。

毎回の模擬面接に目標を作る

模擬面接をただこなすのではなく、毎回の模擬面接に目標を設けましょう

「表情が硬いのが課題だから、表情を意識して相手にもよく見てもらおう」「志望動機を修正したから納得感があるか見てもらおう」など簡単な目標で構いません。

模擬面接でただ回数をこなしているだけでは、どこを改善する必要があるのか、成長できているのか見てもらう必要があるのかが曖昧になってしまいます

毎回の模擬面接で今回注意したいことや注意して見てもらいたいことを設定できると、より伸びが早くなります。

面接を録画・録音して隙間時間に振り返る

面接を録画・録音して隙間時間に振り返るのもおすすめです。

自分の癖や話し方のイントネーションは、自分ではあまり気づかないものですが、人によってはかなり癖がありマイナス評価につながることがあります。

録画や録音をして見返してみると「えっと」「あー」など無意味な言葉を繰り返している事や、無意識に前髪を何度も触っていることなど自分の直すべき癖が見つかります。

模擬面接でも相手に許可をもらい録画させてもらうと、表情や抑揚など細かい部分を修正できるのでおすすめです。

模擬面接で褒められた部分をまとめておく

模擬面接でフィードバックをもらった時は、自分の良かった点を書き出してまとめておきましょう。

模擬面接で改善点を見つけてもらい、より良い回答にするのももちろん重要ですが、大事なのは面接に自信を持って臨むことです

自分の良かったポイントを書き出して、面接前に見返すと普段より自信を持って面接に臨めます。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次