看護師は就活で落ちる?うまくいかない?失敗しないために必要な5つの対策を徹底解説

「新卒看護師が就活で落ちることはある?」「内定をもらうためにはどうしたらいいの?」と気になりますよね。

看護師は専門性の高い職業であり、資格さえあればどこにでも就職できると思われがちです。
しかし、病院が求める人材ではないと判断した場合、看護師であっても就活で落ちる可能性は十分にあります。

もちろんすべての病院で落ちることはありませんが、第一志望の病院で働きたいなら入念な事前対策が欠かせません。

はるか

そこで当ページでは、人事経験もある現役看護師の筆者が、なぜ看護師が就活で落ちるのか、就活成功にむけてやるべき準備や対策、不採用になった場合の対処法などを紹介いたします。

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

看護師でも就活に落ちる4つの理由

就活の準備や対策を怠ると、看護師の資格があっても就活で落とされてしまいます。ここでは看護師が就活で落ちる主な理由を4つ解説します。

看護師でも就活に落ちる4つの理由
  • 自己分析が不足している
  • 面接対策が不十分である
  • 履歴書が十分に書けていない
  • 就活のスケジュール管理ができていない

看護師でも就活で落ちる人に多い理由①
自己分析が不足している

自己分析が不足していると、就活で落ちやすくなってしまいます理由は下記のとおりです。

自己分析が不足していると落ちやすくなる理由
  • 面接で自分の魅力をうまく伝えられないから
  • アセスメント能力が低いと判断されてしまうから
  • 自分に合った病院選びができないから
補足:自己分析とは

自己分析とは、自分の能力や性格、価値観などを客観的に評価し、自己理解を深める作業のことをいいます。
看護学生に限らず、就活生にとって重要なタスクといわれており、自己分析が合否を分けるといっても過言ではありません。
しかし、自己分析にはある程度の時間と労力が必要なため、「面倒だし大変…」と敬遠する人は少なくありません。
その結果、面接で表面的な自己PRしかできずに終わったり、そもそも自分に合っていない病院を受けてしまい落とされるのです。

また、就活後の話にはなりますが、自己分析ができていないと下記のようなリスクも出てきます。

自己分析ができていなことによるリスク
  • 仕事が辛く辞めたいと思った時に踏みとどまれない
  • 理想と現実のギャップに強いショックを受けやすい
  • 看護への熱意が消えてしまい仕事が嫌になる

看護の現場は過酷であり、新卒看護師は慣れるまで多くのストレスを経験します。
自己分析ができていれば仕事が辛くても頑張る理由を見つけられますが、自己分析ができていないと職場へのミスマッチ感が拭えず、早期離職の道を選ぶことになるかもしれません。

松本

就職後も安心して働くためには、就活中の自己分析が重要です。下記のポイントを踏まえ、積極的に自己分析に取り組みましょう。

自己分析で明確化・言語化すべきポイント
  • 自分の性格
  • 考え方の傾向
  • 長所・短所
  • 苦手なこと
  • やりがいを感じること
  • 仕事への価値観(仕事観)
  • 看護への価値観(看護観)
はるか

詳しい自己分析の方法については次章でご紹介しています。ぜひご参考になさってください。

看護師でも就活で落ちる人に多い理由
面接対策が不十分である

面接対策が不十分だと、選考通過が難しくなってしまいます。
なぜなら、面接対策が不足している就活生は「やる気がない」「活躍できなさそう」と判断され選考から外れてしまうからです。とくに、以下に該当する方は面接で落ちる可能性が高くなってしまうでしょう。

面接対策で見落としがちなポイント
  • 身だしなみの乱れに気づかない
    例)スーツにしわがある、メイクや髪型が崩れたまま受付に向かう、靴が汚れている
  • 面接の時間や場所を詳しく把握していない
    例)面接会場までの交通手段がわからない、面接会場が想像より遠く遅刻する
  • 面接の基本的マナーができていない
    例)返事の声が小さい、控室で大声で話す、緊張して挨拶やお辞儀を忘れる
  • 練習不足で質問に答えられない
    例)だらだら話し結局何を伝えたいかわからない、予想外の質問に黙ってしまう
  • 自分の言葉で伝えていない
    例)ネット上の模範解答をそのまま暗記する、質問の意図を汲まず表面的に回答する

面接官は多くの看護学生を見てきたプロであり、その場で取り繕っても準備不足であることはすぐに見抜かれます。

松本

自分の言葉で面接官に思いを届けるためには、次章で面接の基本的マナーを学び、面接官への効果的なアピール方法を学びましょう。

看護師でも就活で落ちる人に多い理由
履歴書が十分に書けていない

履歴書は面接と並んで重要な評価項目であり、内容や書き方が不十分だと内定から遠のいてしまいます具体的には下記の項目を確認してください。

新卒看護師が気を付けたい履歴書作成のポイント
  • 丁寧に書いているか
    なぐり書きはNG。字に自信がなくても、丁寧に書くことを意識しよう
  • 誤字脱字はないか
    わからない漢字や用語は必ず調べてから書くとよい
  • 間違えた箇所をそのままにしていないか
    修正テープ・砂消しゴムはNG。間違えたら新しい用紙に書き直そう
  • 履歴書用の写真を用意しているか
    3カ月以内に撮影した写真を使用し、裏に氏名と学校名を記入しておく
    写真は選考結果に大きく影響するため、写真館やプロのカメラマンに撮影してもらった明るい表情の写真を選ぼう
  • 志望動機は熱意が伝わるように書けているか
    病院を選んだ理由、応募に至った経緯などを端的かつ熱意が伝わるように記入する
    志望動機は履歴書の要であり、自分の言葉で書くことが重要である
  • 自己PRはあなたの魅力が伝わるように書けているか
    自己分析をもとにあなたの魅力を伝える。長所を活かして病院にどんな貢献ができるか書けるとなおよい

あなたが十分に書けていると思っても、他の候補者に比べたら内容がイマイチ…なんてこともあるかもしれません。ライバルとの競争を勝ち抜くためには、熱意のある履歴書で採用担当者にアピールしていきましょう。

はるか

履歴書はあなたの第一印象を決める大切なツールです。具体的な書き方は次章でじっくり解説しますのでぜひご覧ください。

看護師でも就活で落ちる人に多い理由
就活のスケジュール管理ができていない

スケジュール管理がうまくいかないと、事前準備や全体進捗に影響が出ます
たとえば、病院の選考スケジュールを把握していないと応募や準備が間に合わなかったり、実習や模試と予定が被ってしまうかもしれません。また、他の病院と併願して就活している場合、面接日が被ってトラブルに繋がるリスクもあるでしょう。

とくに看護学生の場合、実習や国家試験勉強の合間に就活を行わなくてはならず、スケジュール管理は必要不可欠です。
「忙しい」「そこまで気が回らない」と流れに身を任せてしまうと、せっかくの就活のチャンスを棒に振ってしまうかもしれません。

松本

忙しい時こそ、大事な予定を忘れないよう、こまめなスケジュール管理に努めましょう。

就活成功に向けてやるべき5つの対策

新卒看護師の就活では、入念な準備と対策が成功の鍵を握ります。ここでは、新卒看護師の就活を成功に導く5つの対策をご紹介します。

就活成功に向けてやるべき5つの対策
  • 自己分析を重視して行う
  • 応募する病院をリサーチする
  • 面接対策は徹底的に行う
  • 履歴書は正しい書き方で熱意を伝える
  • スケジュール管理はツールを活用する
はるか

これからご紹介する方法を実践し、内定獲得に向けて一歩踏み出しましょう。

就活を成功させるためにやるべき対策①
自己分析を重視して行う

まずは自己分析をしっかり行い、就活の土台を整えましょう
自己分析の目的は、自分の能力や性格、価値観などを客観的に評価し、自己理解を深めることです。自分の価値観や強みが明確になると、面接でのアピールに役立ったり、自分に合った職場選びができるようになります。

松本

自己分析にはさまざまな方法がありますが、ここでは紙とペンを使用した方法をご紹介します。

自己分析のやり方
  1. 紙とペンを用意する
  2. 看護学生になってから行った勉強や実習の中で、印象深いエピソードとその時に感じたことを書き出す
  3. 書き出した内容を見ながら、自分の考え方にどんな傾向があるのか分析する
    例)実習で厳しくて意地悪な指導者さんがいた。相談したくてもできずに怒られて辛かった。早く実習が終わってほしいと毎日思っていた。
    →上司が厳しいと相談できず萎縮する、逃げ出したくなる
  4. 自分の考え方や性格から、どんな環境で働きたいか、どんな環境なら活躍できそうかを考える
    例)上司が厳しいと相談できず萎縮する、逃げ出したくなる
    →上司が厳しい職場で働くのは向かない。相談できないからスキルアップできないし、長く続けられなさそう
    →職場の人間関係が良好なら、相談できてスキルアップでき長く働けそう
  5. 自分の性格や傾向をポジティブに捉えて、言語化してみる
    例)上司が厳しいと相談できず萎縮する、逃げ出したくなる
    →厳しい上司を反面教師にして後輩に優しくできる、辛い経験を糧に優しい看護師になれる、辛い気持ちに寄り添うことができる
  6. 自己分析した結果(4、5の内容)を家族や友人に話し、意見を聞いてみる

自己分析は自分自身を見つめ直す大切な機会です。

ただし、自分一人ではどうしても偏った考え方をしてしまうため、ある程度自己分析できたら他の人から意見をもらいましょう。自分では気づけなかった強みや弱みがわかり、さらに自己理解が深まります。

はるか

もし周囲に相談しにくい場合は、インターネット上にある自己分析診断ツールの利用をおすすめします。さまざまな側面から自分を見つめることで、ブレない就活の軸を創り上げましょう。

就活を成功させるためにやるべき対策
応募する病院をリサーチする

自己分析が終わったら、自分に合う病院を探しリサーチを行いましょう。
入念なリサーチは本当に行きたい病院を見定められるだけでなく、面接にも活用できます。具体的に調べておきたい項目は、以下の通りです。

看護師就活で確認しておきたい項目
  • 病院(施設)の理念
    病院が求める人材が把握できる。面接で理念に関連した質問をされることもあるため、ある程度把握しておこう
    (例:当院の理念についてどう思いますか?、当院の理念○○を基にあなたはどんな看護師を目指しますか? など)
  • 病院の経営母体(国立・公立・大学・医療法人・個人 など)
    経営母体によって給料や待遇に違いがあるので確認はマスト
  • 経営方針
    病院の経営状態が看護師の給料・収入を左右するため、経営母体と共に確認する
  • 病院規模
    病棟数、病床数、診療科数、外来数、一日に外来に訪れる患者数など。忙しさや経験できる領域の予測に役立つ
  • 病院機能、役割
    特定機能病院、地域医療支援病院、一般病院など、病院が担う機能や役割を知ることでスキルアップに適した環境かわかる
  • 給料・福利厚生
    給料の支給額、ボーナスの有無、福利厚生の内容など。就職後のモチベーションに直結するので納得できる金額か確認しよう
  • 教育体制
    新人教育制度の有無や内容、プリセプター制度やパートナーシップ制度の導入の有無など。十分な教育体制があると入職後も働きやすい
  • 実際に働く看護師の口コミ など
松本

上記は病院の公式ホームページやパンフレットである程度情報収集できます。
ただし、実際に働く看護師のリアルな口コミはホームページやパンフレットからは読み取れないため、病院見学やインターンシップに行き自分の目で確かめることをおすすめします。病院見学が難しい場合は以下の口コミサイトを活用してくださいね。

<看護師就活で活用したい職場口コミサイト>

行きたい病院がいくつかある方は、病院ごとに各項目をまとめると比較検討しやすくなります。

はるか

就職後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することのないよう、病院リサーチは丁寧に行いましょう。

就活を成功させるためにやるべき対策
面接対策は徹底的に行う

面接対策は、とにかく徹底的に行いましょう。

いうまでもなく、面接の内容や振る舞いが合否を分けることになるからです。

具体的には以下でご紹介する3つの手順どおりに練習しておくと、安心して面接に臨めます。

面接対策の手順
  1. 面接の基本的マナーを習得する
  2. 面接でよく聞かれる質問に答えられるようにする
  3. 模擬面接を行い練習する

面接対策の手順①
面接の基本的マナーを習得する

面接の基本的マナーを習得し、印象アップに努めましょう。面接当日の流れに合わせたマナーは以下の通りです。

面接で気を付けるべきマナー
  • 会場到着・受付
    受付時間の10分前には会場に到着し、身だしなみを整えてから受付します。
    遅刻や無断欠席はもちろんNG。ただし電車の遅延でやむを得ない場合は一報連絡を入れましょう。到着が早すぎると会場準備中の可能性もあるため、受付時間内を守るよう心がけます
  • 控室で待機
    控室では静かに待機し、練習したことを最終確認しましょう。
    お手洗いはこの時に済ますのがベター。順番がきたら相手に聞こえる声で返事し、面接室に向かいます
  • 入室時
    入室時はノックを3回行い、「どうぞ」「お入りください」と声をかけられたらドアを開けます。
    面接官に向かって「失礼します」と言ってから30度の角度で一礼、ドアを閉めて椅子の横に向かいましょう。
    椅子にはすぐに座らず、「A大学の○○です、本日はよろしくお願いいたします」と言って45度の角度でお辞儀をします。面接官から「おかけください」と言われたら椅子に座りましょう。この時、カバンは椅子の横に置きます
  • 面接中
    面接中は背筋を伸ばし、面接官からの質問にハキハキ答えましょう。面接官の目を見て話すことが大切ですが、緊張する場合は眉間あたりを見ると自然に話せます
  • 退室時
    面接が終わったら「本日はありがとうございました」とお礼を伝えてから立ち上がります。
    ドアまで進み、面接官に向かって「本日はありがとうございました、失礼いたします」と伝え、30度の角度で一礼。面接終了後もモラルある行動を心がけ、最寄り駅までは油断せず帰宅しましょう

面接対策の手順②
面接でよく聞かれる質問に答えられるようにする

下記にある面接でよく聞かれる質問を確認し、自分の言葉で答えられるようにしておきましょう。

看護師の面接でよく聞かれる質問
  • なぜこの病院に応募しましたか?(志望理由)
  • 看護師を目指したきっかけはなんですか?
  • 実習で印象に残ったことはなんですか?
  • あなたの看護観を教えてください
  • 長所と短所を教えてください
  • 配属希望の科と希望する理由を教えてください
  • 将来はどんな看護師を目指しますか?
  • 他に試験を受ける病院はありますか?
  • なにか持病はありますか?
  • 学生時代を通して挫折した時にどう乗り越えましたか?
  • 何か質問はありますか?(逆質問)

面接対策の手順③
模擬面接を行い練習する

模擬面接でくり返し練習し、本番に備えましょう。

模擬面接の回数に決まりはありませんが、本番で緊張しても実力を発揮できるぐらいまで練習しておくと、自信をもって面接に臨めます。

面接官に自分の言葉で熱意を伝えられるように、できる限りの準備をしておくことがなにより重要です。

<面接当日はスーツで、清潔感のあるメイクや髪型を意識>

面接当日の服装・メイク・髪型は、あなたの印象を大きく左右するため特に気を配るべきです。

面接当日の身だしなみ
  • 服装
    リクルートスーツ+白のシャツ又はブラウスがベスト。
    ストッキングは肌の色に合わせ、カバンに予備を1足入れておくと安心。アクセサリーは外しておく
  • メイク
    ナチュラルメイクが基本。
    主張の強いアイシャドウやリップは控える。ネイルはオフし、爪は短く切っておく
  • 髪型
    ロングヘアは一本にまとめて清潔感を演出。
    ショートやボブの方は顔が隠れないようにして整えておく
  • カバン
    A4サイズの書類が入る物を選ぶと資料を入れることができる
はるか

看護師は患者さんに最も近い医療従事者であり、面接では人柄や人間性も評価されます。あなたの魅力が伝わるように必要十分に準備しておきましょう。

就活を成功させるためにやるべき対策
履歴書は正しい書き方で熱意を伝える

履歴書は正しい書き方で書き、熱意が伝わる内容にしましょう具体的には以下のポイントを押さえて書くと、採用担当者に伝わる履歴書になります。

履歴書作成のポイント
  • 書式
    病院指定の書式がある場合は指定された書式を使用する。なければ市販品やインターネットにある書式のダウンロードでOK
  • 書き方
    パソコン・手書きどちらでもよいが、手書きのほうが好まれやすい
    文字は読みやすいように丁寧に書き、誤字脱字に気を付ける。間違ったら新しい用紙に書き直す
  • 写真
    スーツを着用し身なりを整え、3カ月以内に撮影したものを貼る
    プロのカメラマンに撮影してもらうと印象のよい写真に仕上がるのでおすすめ
    万が一剥がれた時でもわかるよう、裏には学校名をフルネームを記載する
  • 志望動機
    なぜこの病院で働きたいのかを、熱意を込めてわかりやすく記入する。
    病院理念や看護部の特徴などを踏まえて、病院にどう貢献できるか、どんな看護師に成長したいかを書ければ好印象。どこの病院に通じそうな内容ではなく、自分の言葉で書くのがベスト
    空欄はもちろん、短すぎる志望動機はやる気が伝わらないのでNG
  • 自己PR
    自分の魅力や強みを基に、看護師になったらどのように活躍できるかを書けるとよい

履歴書を書き終えたら必ず看護学校の教員に添削してもらいましょう。その理由は、看護師の就活事情に精通している教員に添削してもらうことで、具体的にアドバイスしてもらえるからです。また、既に内定をもらっている友人の意見をもらうのも一つの手です。

松本

正しい書き方で熱意を込めて履歴書作成をおこない、選考突破にグッと近付きましょう。

就活を成功させるためにやるべき対策
スケジュール管理はツールを活用する

多忙な看護学生だからこそ、スケジュール管理はツールを活用すべきです。
なぜなら、忙しい日々の中でも効率よくスケジュール管理ができ、就活をスムーズに進められるからです。

スケジュール管理ツールはさまざまなものがあるため、ご自身に合った方法を選びましょう。いくつかの方法を組み合わせることもおすすめです。

看護学生におすすめのスケジュール管理ツール
  • スマホ
    なるべく簡単にスケジュール管理したい方におすすめ
    カレンダーやアプリが充実しており、タイマーや通知などの機能を使えば効率よくスケジュール管理ができる
  • 手帳
    スマホより紙派の方におすすめ
    紙に書くことで記憶に残りやすいく、カバンに入れておけば外出先でもスケジュール確認が可能である
  • カレンダー
    スケジュール確認が手間だと感じる方におすすめ
    よく見える場所に掲示しておくことで目につきやすく、忘れにくい。家族とも共有できる
はるか

就活以外にも、実習や模試、講習会、プライベートの予定などをまとめて管理しておくと、予定が被る心配もありません。
自分に合ったツールを活用し、優先順位をつけながら就活に取り組みましょう。

不採用になった場合の対処法

残念ながら、どれだけ準備や対策をしたとしても就活で落ちることはあります。周りが内定をもらうなか、自分だけ内定をもらえないのは辛いですよね。

そこで本章では、不採用になった場合に実践してほしい対処法を4つ紹介します。

STEP
まずは心を整える

自分の頑張りを認め、ネガティブ感情を消化させる。

STEP
なぜ落ちたのか客観的に分析する

紙に落ちた要因として考えられることを書き出してみる。

STEP
家族や友人、教員に相談する

心から信頼できる身近な人を選んで、客観的な意見をもらう。

STEP
就活を再開する

分析結果を元に、他の職場の面接を受ける。

Step1 まずは心を整える

就活に落ちたら、まずは心を整えましょう

その理由は、ネガティブ感情を消化しておかないと、就活に苦手意識が出たり、本番のここぞという時に失敗したことを思い出し自信を無くしてしまうからです。

実際に筆者には就活で3回落ちた知人がいますが、彼女は1回目落ちた時、周囲に気を遣い「次がんばるね」と前向きな様子を見せていました。
しかし内心は落ちると思っておらずかなり落ち込み、「また落ちたらどうしよう」と不安で仕方なかったそうです。自信を失ったまま挑んだ2・3回目の面接ではマイナスイメージが払拭できず、結果不採用になってしまいます。困った彼女は教員に相談し、心身ともにサポートしてもらうことで自信を取り戻し、4回目の試験でようやく内定を手にできました。

このように、焦りや不安をそのままにしておくと負のループにはまってしまうことがあります。
そうした事態を防ぐためにも、まずは自分の頑張りを認め、素直に感情を出してみましょう。

松本

心の整え方は、どんな方法でも構いません。
紙に書きなぐったり、家族や友人に話しを聞いてもらったり、運動や趣味を楽しみながら、思いっきり発散し心を整えていきましょう。

Step2 なぜ落ちたのかを客観的に分析する

次に、なぜ落ちたかを客観的に分析しましょう

当然ですが、就活に落ちた原因をハッキリさせておかないと、次の就活でも同じ失敗を繰り返しかねないからです。具体的には以下のポイントを踏まえて振り返ると良いでしょう。

就活に落ちた時にやってほしい分析ポイント
  • 自己分析をもとに自分に合った病院を選んだか
  • 病院のリサーチを徹底的に行ったか
  • 面接対策は十分に行ったか
  • 履歴書は書き方に注意し、熱意のこもった内容に仕上げたか
  • 面接の基本的マナーを守れたか
  • スケジュール管理がうまくいかず、遅刻や無断欠席はしていなかったか

就活で落ちた原因を分析する際は、紙とペンを用意し書き出していくことをおすすめします。
なぜなら、頭の中で考えてしまうと、どうしても「なぜあの時○○してしまったんだろう」といった後悔が募り自分を責めてしまうからです。

はるか

紙に書けば、一歩引いて考えることができるので、辛くならずに原因の分析ができます。ぜひお試しください。

Step3 家族や友人、教員に相談する

自分自身で振り返りできたら、他の人に相談しアドバイスをもらいましょう

なぜなら、自分では気づけなかった落ち度に気付いたり、次の就活に向けた具体的な解決策を教えてもらえたりできるからです。
相談する相手は家族や友人、看護学校の教員など身近な人を選ぶと話しやすいでしょう。今回の自分には何が足りなかったのか、どう改善したらよいかを教えてもらうことで、次の就活に向けた具体的な対策が立てられます。

松本

ただし、相談する相手を慎重に選ばないと、見当はずれのアドバイスをされたり、偏った意見を押し付けられたりするため注意が必要です。あなたが心から信頼でき、客観的なアドバイスをしてくれる相手に相談するようにしましょう。

Step4 就活を再開する

落ちた経験を糧にできたら、あとは就活を再開するのみです

前章で解説したとおり、自己分析の結果をもとに病院を選び、リサーチしたうえで履歴書作成や面接対策に取り組んでいきましょう。

はるか

なお、病院の試験日程によってはスケジュールがタイトになる可能性があります。前回の就活より忙しくなると認識し、こまめにスケジュール調整をしていきましょう。

まとめ

看護師が就活で落ちる理由と具体的な改善策について解説しました。

結論として、看護師資格があっても準備が不足していれば就活で落ちることはあります。
「どうせ受かるだろう」と軽く考えるのではなく、当ページでご紹介した5つの対策を実践し、希望の病院の内定を勝ち取りましょう。

また、仮に不採用になってしまっても悲観的になる必要はありません。
心を落ち着かせ、冷静に落ちた原因を分析してから次に挑めば、内定を勝ち取ることができるでしょう。

はるか

あなたの就活がうまくいくことを陰ながら祈っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次