就活エージェントでも内定がもらえない!対処法を理由別に解説

「就活エージェントを利用しても内定がもらえない」「内定が1つもなくて焦る」と気になりますよね。

就活エージェントを利用していると、希望条件に合った求人の紹介が受けられ、選考対策もサポートしてもらえますが、内定がもらえないことも珍しくありません。

多くの場合、倍率が高い人気企業ばかり応募していることや、適切な選考対策ができていないことが原因です。

この記事では、就活エージェントを利用して実際に内定を獲得した筆者が、内定がもらえていない人の原因や対処法についても解説します。

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

就活エージェントを利用しても内定がもらえないことはある

就活エージェントを利用していても、選考に落ちて内定が出ないことは珍しくありません。

紹介された求人に応募していても内定がもらえない原因は主に下記の4つです。

就活エージェントを利用しているのに内定がもらえない理由
  • 人気企業ばかり受けている
  • 選考対策が不十分
  • 勧められた求人ばかり受けている
  • フィードバックを活かしていない

内定がなかなかもらえない理由①
人気企業ばかり受けている

最も多い理由は、大手企業や人気企業など倍率が高い企業ばかり受けていることです

倍率が高い企業は、学歴やES、Webテストで足切りをするので、学歴や経験が伴っていない学生は早い段階で落とされてしまいます。

応募者が多い会社は書類選考や1次面接を通過した学生の中でも、志望度が高く会社にマッチしている学生だけを採用すればいいので、2次面接以降でも落ちる確率は高くなります。

自分の学歴や経験と応募している会社が合っているのかを振り返り、ベンチャー企業や中小企業にも目を向けてみてください。

内定がなかなかもらえない理由②
選考対策が不十分

書類選考や1次面接は通過できるのに内定がなかなか出ない人は、選考対策が不十分であることが多いです。

書類選考や1次面接は、応募者のポテンシャル(学歴・経験)や人柄を中心に評価するので、会社理解や志望度の高さはあまり関係ありません。

しかし2次面接以降は、志望理由を聞かれることが多くなり、面接官は業界理解や会社理解が出来ているか、会社とマッチした人材かどうか評価します

ガクチカと志望理由に一貫性がなかったり、会社が求めている人物像とは違う点をアピールしている場合は、会社とのマッチ度、志望度の高さに疑問が生じるので、選考に落ちやすくなるのです。

内定がなかなかもらえない理由③
勧められた求人ばかり受けている

就活エージェントの担当者から勧められた求人ばかりを受けている人も、内定はもらいにくくなります。

就活エージェントが紹介してくれる求人は、あなたの伝えた希望条件に合っているものが多いですが、必ずしも自分に合っており内定がもらえる企業とは限りません。

なぜその企業を志望するのか考えずに、勧められたからという理由だけで選考を受けると、志望理由や就活の軸を聞かれた際に、面接官に見抜かれてしまうでしょう

求人を勧められたら、自分の軸に合う企業かを見極めてから自分自身でも企業のリサーチや選考対策を行いましょう。

内定がなかなかもらえない理由④
フィードバックを活かしていない

いくら面接対策をしていても、フィードバックを活かし切れていないと内定にはつながりません。

就活エージェントでは、企業ごとに面接対策をしてくれますが、ただ模擬面接を繰り返してもあまり意味はありません。

指摘された点を後から振り返り、次の面接で活かすようにしましょう。

また、全ての意見を鵜呑みにするのではなく、自分が取り入れるべきだと考えたものを選んで、次の面接で改善しましょう。

就活エージェントを利用しても内定がもらえない人の対処法

就活エージェントを利用しているのに、内定がもらえない人は下記の方法を行うのがおすすめです。

内定がなかなかもらえない人におすすめの対処法
  • ベンチャー企業や中小企業も受ける
  • 他の就活エージェントも利用してみる
  • 自己分析や企業研究に時間をかける
  • OBOG訪問アプリを活用する

内定が欲しい人におすすめの方法①
ベンチャー企業や中小企業も受ける

大手企業ばかり狙うのではなく、ベンチャー企業や中小企業も受けてみましょう。

大手企業を志望していても、現時点で内定がもらえていない人は、大手企業が求めるレベルに学歴や経験、面接力のいずれかが足りていないと言えます。

応募企業の幅を広げて、まずは1社内定を獲得することを目指しましょう。

1社内定がもらえると、精神的に余裕ができ、大手企業にも挑戦しやすくなります。

内定が欲しい人におすすめの方法
他の就活エージェントも利用してみる

他の就活エージェントも利用してみましょう。

就活エージェントで納得のいく企業から内定がもらえるかどうかは担当者やサービスとの相性にもよります。

他の就活エージェントを利用してみることで、今までは出会えなかった自分に合っている求人が見つかったり、適切なフィードバックがもらえることがあります。

複数の就活エージェントを利用して、自分に合った求人やサポートを見つけやすくしましょう。

内定が欲しい人におすすめの方法
自己分析や企業研究に時間をかける

企業分析や自己分析を念入りに行うことは重要です。

2次面接以降は、志望理由や自分の強みや経験を会社でどう活かしていくのかを問われやすくなります。

企業研究や自己分析が出来ていないと、納得感のある回答ができずに2次面接以降で落とされやすくなってしまうのです。

自己分析は、応募企業を決める前にしっかりと行っておくのがおすすめです。

自己分析をしよう
  • 幼少期から現在までの経験や考えを記した自分史を作成する
  • 自分の性格や特徴をポジティブに捉えて、言語化してみる
  • 自分の強み・弱みを考えたら友人や家族にも聞く
  • 自己分析で出た結論を他の人に話して意見をもらう

自分自身で、これまでの経験やそこからわかる性格や強み弱みを知ったら、他の人にも話して意見をもらいましょう。

自分では見えていない強みや弱みが分かることで、より自分がどういった人間なのか理解が深まります。

企業研究で押さえておくべきポイント

企業研究は企業HPやOBOG訪問、会社説明会で下記の点を抑えましょう。

企業研究で押さえておくべきポイント
  • 事業内容
  • 競合他社の情報
  • 業界内での立ち位置
  • 会社の強み、弱み
  • 現在力を入れている事業
  • 企業理念
  • 求める人物像

特に、「◯◯さんに▲▲とお聞きして〜」といったようにOBOG訪問や会社説明会で話していた内容を社員の名前とともに、面接で伝えると志望度をアピールできます。

はるか

筆者もOB訪問時の内容から分かった会社の特徴を社員の名前とともに、面接で伝えていました。この方法を取った企業は全て内定をもらうことができました。

内定が欲しい人におすすめの方法
OBOG訪問アプリを活用する

OBOG訪問は、会社理解を深め、志望度をアピールするために欠かせません。

志望度が高い会社は、必ずOBOG訪問を行いましょう。

大学の先輩や知り合いにその会社の社員がいない場合は、OBOG訪問アプリの利用がおすすめです。

おすすめアプリ① Matcher

Matcher』は、話を聞きたい社会人のお願いを叶えることで、OBOG訪問ができるアプリです。

社会人からされるお願いも「説明が分かりやすかったかフォードバックして欲しい」「おすすめの飲食店を教えて欲しい」など簡単なものばかりです。

自分の大学の先輩以外にも話を聞けるので、自分の大学に志望企業で働く社員がいない人におすすめです。

おすすめアプリ② ビズリーチキャンパス

ビスリーチキャンパス』は日本を代表する大手企業に勤める先輩にOB訪問できるサービスです。

総合商社や総合デベロッパーなどといった人気企業に就職した、「就職活動に成功した先輩」から話が聞けるので、効率的に就職活動を進めることができます。

一方で、利用できる大学が限られておりサービス対象外の人は利用できません。

高学歴で大手企業を目指す人向けのサービスといえるでしょう。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

まとめ

就活エージェントを利用していても、内定がもらえない理由と対策を解説しました。

内定がまだもらえていない学生は、応募する求人のレベルが自分と合っていない、もしくは求人を絞り過ぎている場合がほとんどです。

どんなに優秀な学生も、その会社にマッチしていなければ内定はもらえません。

自己分析や企業分析をして、自分との相性を確かめた上で、より多くの求人に応募してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次