就活エージェントはやめとけと言われる5つの理由|デメリットを徹底解説

「就活エージェントはやめとけと言われた」「就活エージェントは怪しいって本当?」と気になりますよね。

就活エージェントは無料で自分に合った求人の紹介や選考対策のサポートをしてくれるサービスですが、デメリットもあり、利用には注意が必要です

そこで本記事では、実際に就活エージェントを利用して内定を獲得した筆者が就活エージェントがやめとけと言われる理由、就活エージェントの裏事情を徹底解説します。

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

就活エージェントはやめとけと言われる5つの理由

就活エージェントはやめとけと言われるのには下記のような明確な理由があります。

就活エージェントはやめとけと言われる理由
  • 理由① 人気のない求人しか応募できない
  • 理由② 学歴や経験に合った企業しか紹介されない
  • 理由③ 質の低い担当者に無駄な時間を奪われる
  • 理由④ 通常応募の就活生よりも不利
  • 理由⑤ 求人や内定先を断りにくい

就活エージェントはやめとけと言われる理由①
人気のない求人しか応募できない

就活エージェントは、初回面談後に求人を紹介してくれますが、保有している求人は中小企業やベンチャー企業がほとんどで、不満に感じることもあるでしょう。

匿名

就活エージェント、ゴミ企業しかおすすめしてこないからやっぱ自分で動くしかないな。。。

匿名

就活エージェントは結局中小しか勧めてこないから時間の無駄説あった

総合商社やCMで見たことのあるような人気企業は、就活エージェントを経由しなくても応募者が殺到します。優秀な学生が一定数応募してくれるので、自社の採用活動だけで優秀な人材を採用することができます。

一方で、中小企業やベンチャー企業は求人をHPや就職情報サイトで募集しても集まりにくいので、就活エージェントを介して採用を行っていのです。

就活エージェントが保有している求人は、通常の就活情報サイトでは応募が殺到しない企業がほとんどで、ごくまれに内定辞退者が出たことで募集をしている人気企業に出会えると考えておいた方が良いでしょう。

就活エージェントはやめとけと言われる理由②
学歴や経験に合った企業しか紹介されない

就活エージェントは、求人を紹介する前に就活生の学歴や経験、希望条件をヒアリングします。

就活生のレベルを判断して、応募をした場合内定がもらえそうな企業を中心に紹介するので、自分のポテンシャル以上の求人には出会える機会は少ないでしょう。

同じ大学の卒業生がどのような企業に就職しているのかで、自身のレベルはある程度分かっていると思います。

自分で応募をする場合は、学歴が多少低くても総合商社や総合デベロッパーなど人気企業に応募でき、対策次第では内定をもらえることもあります。MARCHなどではなくても総合商社に内定している人は例年いますよね。

しかし就活エージェント経由では、自分のレベルよりもはるかに高い企業には、そもそも応募できないことを知っておきましょう。

就活エージェントはやめとけと言われる理由
担当者の質が悪いと無駄な時間を奪われる

就活エージェントでは、求人を紹介してくれたり企業ごとに合わせた対策をサポートしてくれる担当者がつきます。

しかし、質の低い担当者にあたると、自分に合わない求人ばかり紹介されたり、参考にならないフィードバックをされて、無駄な時間を奪われることもあります。

実際に以下のような口コミが見られました。

匿名

私の運がなかったのかもしてないけど就活エージェントに質問しても既読・未読無視なんてザラだった…

匿名

たまに的確なアドバイスをしてくれますが、ほとんどが無駄な時間です。模擬面接をしていただいたら、志望業界や志望企業の批判ばかりを聞かされ、他の業界になぜ切り替えないか問い詰められました。就活のアドバイスを聞く以前の問題だと思い、利用をやめました。

また、「この学生は内定をもらえなそう」「内定をもらっても入社してくれなそう」と判断されて担当者から優先順位を下げられると、他の利用者を優先してサポートを後回しにされることもあります。

就活エージェントはやめとけと言われる理由④
通常応募の就活生よりも不利

就活エージェント経由での応募は通常応募よりも不利になりやすいです。

企業は、就活エージェント経由で内定を出した学生が入社をした場合、就活エージェント側に紹介料を払わなければなりません。紹介料は1名あたり約100万円です。

同じスペックで就活エージェント経由で応募した学生と通常応募の学生がいた場合、企業側は紹介料のかからない通常応募の学生を優先して採用します。

通常応募でも応募が集まる企業に就活エージェント経由で応募すると、圧倒的に不利になるのです。

就活エージェントはやめとけと言われる理由⑤
求人や内定先を断りにくい

就活エージェントの担当者に恩義を感じてしまうと、求人や内定先が断りづらくなり、いきたくもない企業に応募、入社してしまう危険性があります。

断りにくいからといって、自分に合わない求人を受けたり内定承諾をすると、後から必ず後悔します。

特に、人からのお願いや誘いを断るのが苦手な人は注意が必要です

就活エージェントの裏事情(怪しいと言われやすい理由)

就活エージェントが闇といわれやすいのには、就活エージェントの裏事情(ビジネスモデル)に原因があります。

就活エージェントでは、以下のように就職希望者を入社させることで、企業から紹介料を受け取って利益をあげています。

紹介料は1人あたり85〜110万円ほどです。

そのため、就活生はクライアント(新卒就活生の応募が集まらず、就活エージェントを利用している企業)に納品するための「商品」というのが正しい認識です。

採用企業から紹介料がもらえるからこそ、就活生は無料で利用できるようになっているので、どうしても就活生がエージェント経由で入社することを最優先するのです。

はるか

どんなに親身に相談に乗ってくれる担当者でも、仕事である限り就活生を「商品」と考えています

筆者も、自分が商品だと思って求人を紹介されている点を理解した上で、自分に合う求人だけ応募するようにしていました。

就活エージェント経由で入社してくれそうな就活生を最優先させる

就活エージェントは、学生がエージェント経由で内定した企業に入社することで初めて利益が得られるので、それ以外の学生をサポートしようとはしません。

ボランティアで就活サポートをしているわけではないので、以下のような学生は優先度が下がり、満足のいくサービスは受けられないでしょう。

優先度が下がりやすい学生
  • 保有している求人に希望条件に合うものはない
  • 就活生のレベルが低すぎる
  • 就活エージェント経由で入社しそうにない

まず、就活生の希望条件が高すぎると、紹介する求人がないため、優先度が下がります。

同様に、就活生の学歴や経験が乏しく、保有求人にレベルが見合っていない場合も、優先度は下がります。

レベルは合っていても、就活エージェント経由で入社しそうにないと判断されたら、担当者の優先度は一気に下がると考えておきましょう。

就活エージェントのメリット

ここまで就活エージェントのデメリット、注意点を解説してきましたが、もちろんデメリットばかりではありません。

実際に筆者は就活エージェントを利用して納得内定を獲得しました。利用をして感じた就活エージェントのメリットは以下の通りです。

就活エージェントのメリット
  • 自分に合った企業を代わりに選んでくれる
  • 自分の知らない優良企業に出会える
  • 担当者がつくことで就活をサボりにくくなる
  • 自己分析やエピソードの言語化が進む
  • エントリー(ES)を複数社に一括で出せる
  • 会社に合わせた書類添削や面接対策が受けられる
  • お祈り理由・通過理由が分かるので次に活かしやすい
  • 自分の就活市場価値を知れる
はるか

就活エージェントを利用したからこそ、自分が知らなかった求人に出会えました。また、就活エージェント経由の求人で練習をして内定がもらえると余裕が生まれ、それ以降は大手企業だけに応募することができました。

就活エージェントを利用すべき5つのケース

就活エージェントは、紹介される企業のレベルが限られることや、希望の求人がないと後回しにされる可能性がありますが、下記に当てはまる人は就活エージェントを利用すべきです。

現時点で内定がない人は、今のままやみくもに就職活動を進めていても納得内定をいつまでも獲得できない恐れがあります。

就活エージェントを利用すべきケース
  • ブラック企業に就職してしまわないか不安な人
  • プロのアドバイスをもらいたい
  • 1人で就職活動を進めるのが不安
  • まだ内定を1社も持っていない
  • 企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒

就活エージェントを利用すべきケース①
ブラック企業に就職してしまわないか不安な人

自分のレベルだと大手の人気企業への内定は厳しいけれども、ブラック企業には絶対入社したくない人は、就活エージェントに頼るのがおすすめです。

大手企業の場合、年々コンプライアンスが強化いるので比較的、残業時間や休日数が管理されており、ブラック企業に当たる可能性は低いです。

一方で、中小企業は極端な長時間労働やノルマ、パワハラの実情が見えにくくブラック企業を見極めるのが難しいです。

就活エージェントは、利用者がエージェント経由で入社をしても短期で離職した場合、ペナルティが発生し違約金を払わなければないため、安易に利用者に合わない企業やブラック企業を紹介してくることがありません。

また就活エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く保有しており、自分では見つけられない優良企業を知りたい場合もおすすめです。

就活エージェントを利用すべきケース②
プロのアドバイスをもらいたい

就職活動のプロのアドバイスを参考にしたい人にもおすすめです。

匿名

就活エージェントで内定を取りに行くとかではなくて、アドバイスをもらうためにとか面接練習に利用するの大いにありだと思う。利用する前は一次面接とかで落ちてたこともあったけど、利用してから普通に通過できてた

就活エージェントの担当者は、企業の採用代行や就活セミナーの実施、就活生のサポートを行う「就活のプロ」です。

採用担当者の立場から、会社がどのような人材を求めているのか、どのような就活生は内定を獲得しやすいのかアドバイスをくれます。

就活エージェントを利用すべきケース
1人で就職活動を進めるのが不安

1人で就職活動を進めるのが不安な人もおすすめです。

就職活動は周りに相談しにくく、また学業と違って努力をしたからといって内定が確実に取れるものではありません。

就職活動は情報戦ともいわれ、自分に合った企業を見つけ、正しい方法で対策をした人が内定をもらうことができます。

周りの意見を参考にして、自分に合った企業を見つけたい、正しい対策方法を知りたい人におすすめです。

はるか

就活はセンシティブで周りの友人とかに相談しにくいですよね。。私も周りの優秀な友人たちが次々と内定をもらっていったときに焦りを感じて落ち込みました。そんな時に悩みを吐き出せる人がいると、精神的に楽になります!

就活エージェントを利用すべきケース
まだ内定を1社も持っていない

まだ内定を1社も持っておらず、焦っている学生も就活エージェントを利用すべきです。

就活エージェントが紹介してくれる企業は、中小企業やベンチャー企業が多い一方で、ES提出免除や選考が一部免除される求人も多いです。

また、応募をすると企業ごとの選考対策をしてもらえるので、企業分析や面接対策が効率良く進められ、短期で最終面接まで進めるのでまずは1社内定を獲得したい人に、おすすめです。

内定がもらえなかった場合も、なぜ落ちたのか企業側が理由を教えてくれることが多いので、まだ内定が取れていない理由を知ることもできます。

就活エージェントを利用すべきケース
企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒

企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒な人もおすすめです。

就活エージェントでは、ESやレジュメ1枚で複数の企業に応募できるところが多いです。

通常の応募では、志望度があまり高くない企業でも、書類を1枚ずつ書かなければなりません。

就活エージェント経由でまとめて応募することができると、浮いた時間を面接対策や自己分析など他の時間に費やすことができます。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

さいごに

就活エージェントがやめとけと言われる理由を解説しました。

就活エージェントが紹介する企業は中小企業やベンチャーなど、就活情報サイトだけでは応募が集まらない求人が多いです。

また、内定がもらえそうな学生、入社してくれそうな学生を優先するため、十分なサポートが受けられず不満に感じることもあるでしょう。

一方で、エントリーを複数社に一括で出せる、特別選考ルートで優良企業に応募できることがあるなどメリットも多く存在します。

自分で就活を進める自信がない人、いまだに内定がなくて不安を抱える人は利用してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次