【就活エージェントの闇】使わない方がいい、やめとけと言われる理由

「就活エージェントには闇があるの?」「就活エージェントを使わない方がいいと言われるのはなぜ?」と気になりますよね。

自分に合った求人の紹介や企業ごとの選考対策をサポートしてくれる就活エージェントですが、注意も必要です。

就活エージェントの裏事情を知り、後悔しない就活エージェントを選びましょう。

はるか

実際に就活エージェントを利用して内定を獲得した筆者が、デメリットや裏事情、メリットを徹底解説します!

\就活対策をプロと進めるなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ就活サービス

当ページでのサイト/エージェントのレビュー評価は、利用者アンケートの集計結果と、運営者の実体験を踏まえて作成しています。

あなたの体験談を投稿する

抽選で回答者にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしております。※抽選結果は当選者にのみご連絡。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
性別
希望年収や労働条件、業界や職種などあれば記載してください
今回レビューを投稿する1サービスだけ記入してください。
レビュー(5段階評価)

24/25卒向けに就活サービスの利用者口コミを調査して、自信を持っておすすめできる就活サービスを厳選しました。(2024年5月更新)

スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較
目次

就活エージェントは闇があると言われる理由(デメリット)

就活エージェントは闇があると言われる理由は下記の5つです。

就活エージェントは闇があると言われる理由
  • 紹介求人は人気のない企業が多い
  • 学歴や経験に合った企業しか紹介されない
  • 当者の質次第で無駄な時間を奪われる
  • 通常応募の就活生より選考が不利になりやすい
  • 恩義を感じて求人や内定先を断りづらくなる

就活エージェントは闇があると言われる理由①
紹介求人は人気のない企業が多い

就活エージェントは、自分に合った求人を紹介してくれますが、保有している求人は中小企業やベンチャー企業がほとんどです。

大企業や人気企業は、就活エージェントを経由しなくても応募者が殺到します。

一方で、中小企業やベンチャー企業は求人をHPや就職情報サイトで募集しても集まりにくいので、就活エージェントを介して採用を行っているのです。

松本

就活エージェントが保有している求人は、通常の就活情報サイトでは応募が殺到しない企業がほとんどと考えておいた方が良いでしょう。

就活エージェントは闇があると言われる理由②
学歴や経験に合った企業しか紹介されない

就活エージェントは、求人を紹介する前に就活生の学歴や経験、希望条件をヒアリングします。

就活生のレベルを判断して、応募をして内定がもらえる企業を中心に紹介するので、自分のポテンシャル以上の求人には出会える機会は少ないでしょう。

はるか

同じ大学の卒業者がどのような企業に就職しているのかで、自身のレベルはある程度分かります。自分のレベルよりもはるかに高い企業には、就活エージェント経由で応募することは難しいことを知っておきましょう。

就活エージェントは闇があると言われる理由③
担当者の質次第で無駄な時間を奪われる

就活エージェントでは、求人を紹介してくれたり企業ごとに合わせた対策をサポートしてくれる担当者がつきます。

しかし、担当者の質が低いと、自分に合わない求人ばかり紹介されたり、参考にならないフィードバックをされて、無駄な時間を奪われることもあります。

実際に以下のような口コミが見られました。

匿名

私の運がなかったのかもしてないけど就活エージェントに質問しても既読・未読無視なんてザラだった…。

匿名

就活エージェント利用してるけど、ES見せても良いですね、書けてますよしか言ってくれなくて…
友達は具体的に添削してもらったり、書き方教えてくれるって言ってたけどな…。担当者によるのかな。

質の低い担当者にあたると、役立つサポートが受けられないだけでなく、返信が返ってこなかったりすることで、貴重な時間が奪われることがあるのです。

就活エージェントは闇があると言われる理由④
通常応募の就活生より選考が不利になりやすい

就活エージェント経由での応募は通常応募よりも不利になりやすいです。

企業は、就活エージェント経由で内定を出した学生が入社をした場合、就活エージェント側に紹介料を払わなければなりません。紹介料は1名あたり約100万円です。

同じスペックで就活エージェント経由で応募した学生と通常応募の学生がいた場合、企業側は紹介料のかからない通常応募の学生を優先して採用します。

松本

通常応募でも応募が集まる企業に就活エージェント経由で応募すると、圧倒的に不利になるのです。

就活エージェントは闇があると言われる理由⑤
恩義を感じて求人や内定先を断りづらくなる

就活エージェントの担当者に恩義を感じてしまうと、求人や内定先が断りづらくなってしまいます。

断りにくいからといって、自分に合わない求人を受けたり内定承諾をすると、後から必ず後悔します。

はるか

特に、人からのお願いや誘いを断るのが苦手な人は注意が必要です

就活エージェントの裏事情

就活エージェントが闇といわれやすいのには、就活エージェントの裏事情(ビジネスモデル)に原因があります。

就活エージェントでは、以下のように就職希望者を入社させることで、企業から紹介料を受け取って利益をあげています。

紹介料は1人あたり85〜110万円ほどです。

そのため、就活生はクライアント(新卒就活生の応募が集まらず、就活エージェントを利用している企業)に納品するための「商品」というのが正しい認識です。

採用企業から紹介料がもらえるからこそ、就活生は無料で利用できるようになっているので、どうしても就活生がエージェント経由で入社することを最優先するのです。

はるか

どんなに親身に相談に乗ってくれる担当者でも、仕事である限り就活生を「商品」と考えています。筆者も、自分が商品だと思って求人を紹介されている点を理解した上で、自分に合う求人だけ応募するようにしていました。

就活エージェント経由で入社してくれそうな就活生を最優先させる

就活エージェントは、学生がエージェント経由で内定した企業に入社することで初めて利益が得られるので、それ以外の学生には興味がありません。

そのため以下のような学生は、優先度が下がり満足のいくサービスは受けられません。

おすすめしない学生
  • 希望条件の求人がない
  • 就活生のレベルが低すぎる
  • 就活エージェント経由で入社しそうにない

就活生の希望条件が高すぎると、紹介する求人がないため、優先度が下がります。

同様に、就活生の学歴や経験が乏しく、保有求人にレベルが見合っていない場合も、優先度は下がります。

松本

レベルは合っていても、就活エージェント経由で入社しそうにないと判断されたら、担当者の優先度は一気に下がると考えておきましょう。

就活エージェントを利用すべきケース

就活エージェントは、「紹介される企業のレベルが限られることや、希望の求人がないと後回しにされる可能性」がありますが、下記に当てはまる人は就活エージェントを利用すべきです。

就活エージェントに不満を感じるのを恐れて、今のまま就職活動を進めていても納得内定をいつまでも獲得できない恐れがあります。

就活エージェントを利用すべきケース
  1. ブラック企業を自分では見極められない
  2. プロのアドバイスをもらいたい
  3. 1人で就職活動を進めるのが不安
  4. まだ内定を1社も持っていない
  5. 企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒

就活エージェントを利用すべきケース①
ブラック企業を自分では見極められない

ブラック企業を自分で見極める自信がない人は、就活エージェントに頼るのがおすすめです。

就活エージェントは、利用者がエージェント経由で入社をしても短期で離職した場合、ペナルティが発生し違約金を払わなければなりません。

そのため、安易に利用者に合わない企業やブラック企業を紹介してくることがありません。

はるか

また就活エージェントは、一般には公開されていない非公開求人を多く保有しており、自分では見つけられない優良企業を知りたい場合もおすすめです。

就活エージェントを利用すべきケース②
プロのアドバイスをもらいたい

就職活動のプロのアドバイスを参考にしたい人にもおすすめです。

就活エージェントの担当者は、企業の採用代行や就活セミナーの実施、就活生のサポートを行う「就活のプロ」です。

松本

採用担当者の立場から、会社がどのような人材を求めているのか、どのような就活生は内定を獲得しやすいのかアドバイスをくれます。

就活エージェントを利用すべきケース③
1人で就職活動を進めるのが不安

1人で就職活動を進めるのが不安な人もおすすめです。

就職活動は周りに相談しにくく、また学業と違って努力をしたからといって内定が確実に取れるものではありません。

就職活動は情報戦ともいわれ、自分に合った企業を見つけ、正しい方法で対策をした人が内定をもらうことができます。

はるか

周りの意見を参考にして、自分に合った企業を見つけたい、正しい対策方法を知りたい人におすすめです。

就活エージェントを利用すべきケース④
まだ内定を1社も持っていない

まだ内定を1社も持っておらず、焦っている学生も就活エージェントを利用すべきです。

就活エージェントが紹介してくれる企業は、中小企業やベンチャー企業が多い一方で、ES提出免除や選考が一部免除される求人も多いです。

また、応募をすると企業ごとの選考対策をしてもらえるので、企業分析や面接対策が効率良く進めらレます。

松本

短期で最終面接まで進めるのでまずは1社内定を獲得したい人に、おすすめです。

就活エージェントを利用すべきケース⑤
企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒

企業ごとにESを1枚ずつ出すのが面倒な人もおすすめです。

就活エージェントでは、ESやレジュメ1枚で複数の企業に応募できるところが多いです。

通常の応募では、志望度があまり高くない企業でも、書類を1枚ずつ書かなければなりません。

はるか

就活エージェント経由でまとめて応募することができると、浮いた時間を面接対策や自己分析など他の時間に費やすことができます。

闇のある就活エージェントを避けるためのポイント

就活エージェントのデメリットや裏事情を解説してきましたが、自身が「商品」と見られていることを抑えれば、就活エージェントは頼りになる存在です。

就活エージェントを「自分に合う求人を効率的に見つけ、面接力など就活力を上げる手段」として使いこなせると、周りと大きく差を付けられるでしょう。

闇のある就活エージェントに引っかからないために、下記の点を抑えておきましょう。

闇のある就活エージェントを避けるには
  • 大手の就活エージェントを利用する
  • 保有している求人数を確認する
  • 複数の就活エージェントを併用する
  • 就活エージェント以外に頼れる人を見つけておく
  • エージェントや担当者が合わないと感じたらすぐに変更する

悪質な就活エージェントを避けるための方法①
大手の就活エージェントを利用する

大手の就活エージェントはコンプライアンスの遵守が徹底されており、トラブルに合う確率が低くなります。

また、求人数や経験豊富な担当者が多いので、サービスの質が比較的高いです。

松本

就活イベントや説明会なども多く開催されているので、面接対策やESの質向上にも役立ちます。

悪質な就活エージェントを避けるための方法②
保有している求人数を確認する

エージェントが保有している求人数が多ければ多いほど、自分に合った求人は見つかりやすくなります。

また、自分が志望している業界や職種の求人が豊富であるのかも確認しましょう。

はるか

IT職種に強い就活エージェント、理系に強い就活エージェントなど、自身の特徴、志望業界にあわせて選ぶのも重要です。

悪質な就活エージェントを避けるための方法③
複数の就活エージェントを利用する

就活エージェントは複数のエージェントを利用してみて、自分に合ったものを選びましょう。

就活エージェントの満足度は担当者との相性次第です。

複数の就活エージェントを利用しておくことで、自分に合った担当者や求人が見つかりやすくなります。

松本

就活エージェントの複数利用は禁止されていないので、効率良く就職活動を進めるためにも、まずは様々なエージェントを試して、自分に合ったものを選び抜くことがおすすめです。

悪質な就活エージェントを避けるための方法④
就活エージェント以外に頼れる人を作っておく

家族や先輩など、就活エージェント以外に頼れる人を必ず作っておきましょう。

就活エージェントの担当者は、エージェント経由で入社してもらうためにどうしてもアドバイスがエージェントよりのものとなります。

親身に相談に乗ってくれるものの、他のエージェント経由の企業への入社を勧めるなど、自社に不利になるアドバイスは絶対にしてくれません。

はるか

公平な視点からのアドバイスをもらうためにも、家族や先輩など利害関係の発生しない人に相談できるようにしておきましょう。

悪質な就活エージェントを避けるための方法⑤
エージェントや担当者が合わないと感じたらすぐに変更する

エージェントや担当者が合わないと感じたら、すぐに変更しましょう。

伝えにくいからといって躊躇してしまっても、就職活動の貴重な時間を無駄にするだけです。

エージェント側としても、担当者の変更や紹介された求人を断られることは珍しいことではありません。

松本

就活エージェントを複数利用して合わないと感じたものから退会する、担当者の対応に不満が出たら変更をお願いするようにしましょう。

就活サービスおすすめ一覧

ここではおすすめ就活サービスを種類別に紹介していきます。どれも無料なので、ぜひ就活に役立ててください。

種類おすすめサービス
就活エージェントキャリセン就活エージェント
キャリアパーク就職エージェント
キャリアスタート
逆求人スカウトオファーボックス
ABABA
キャリアチケットスカウト
OB/OG訪問Matcher
ビズリーチキャンパス
yenta
ES閲覧unistyle
ONE CAREER
外資就活ドットコム
長期インターンWantedly
ゼロワンインターン
インフラ
はるか

ここからは、種類別におすすめの就活サービスをそれぞれ解説していきますね!
全て無料のサービスなので、気になる者から利用してみましょう。

就活エージェントおすすめ

ここではおすすめの就活エージェントを紹介します。

就活エージェントを利用した就活生1,000人にアンケートを行い、下記の点で比較してランキング化しました。

  • 比較ポイント① 求人の量と質
  • 比較ポイント② アドバイザーのサポート力
スクロールできます
順位1位2位3位4位5位

キャリセン就活

キャリアパーク就職

キャリアスタート

キャリアチケット

リクナビ就職エージェント
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★☆☆
3.9/5.0
★★★☆☆
3.8/5.0
求人ホワイト企業メインスピード内定が狙える
優良企業が多い
入社後の定着率92%価値観の合う企業だけ紹介
人によっては少なく感じる
高学歴向けが中心
サポート経験豊富な担当者が多い企業研究や自己分析に
定評がある
選考対策で
内定率86%!
独自の選考対策で
内定率アップ
大手なのでサポート
に時間はかけない
利用実績6万人1万人以上4,000人以上1.3万人以上
無料登録公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
就活エージェントの比較

逆求人スカウトおすすめ

就活に強い逆求人サービスは下記の通りです。

スクロールできます
順位1位2位3位

オファーボックス

キャリアチケットスカウト

ABABA
総合評価★★★★☆
4.5/5.0
★★★★☆
4.3/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
企業数1.3万社以上非公開300社以上
企業の質大手企業も非常に多いベンチャー・中小企業が
中心
ベンチャー・中小企業が
ほとんど
公式サイト公式サイト公式サイト
逆求人サービスの比較

逆求人サービスの中には、学歴など条件に当てはまる学生にスカウトを一斉送信するような企業もあります。

こちらで紹介する3サービスは、学生時代の経験や価値観を評価した上でスカウトをする仕組みなので、自分により合った企業からスカウトされる可能性が高いです。

はるか

ABABA』は、「最終選考まで進んだけれど、その会社とは縁がなく落ちてしまった学生」を対象としたサービスなので、大学4年生以上の人にもおすすめです。

OB/OG訪問サービスおすすめ

OBOG訪問におすすめのサービスは下記の通りです。

自分の大学以外のOBOGから話を聞けるサービスもあるので、企業研究の幅が広がります

スクロールできます
順位1位2位3位

Matcher

ビズリーチキャンパス

yenta
総合評価★★★★☆
4.4/5.0
★★★★☆
4.2/5.0
★★★★☆
4.1/5.0
使いやすさ企業名や大学名で
検索できる
企業公認も多く
安全
役員や社長クラス
と繋がれる
承認のされやすさ違う大学出身でも
承認されやすい
同じ大学出身でないと
承認されにくい
OB訪問を専門とした
サービスではない
実績マッチング総数
100万件以上
対応大学は
46大学のみ
社会人を対象とした
サービス
公式サイト公式サイト公式サイト
OB.OG訪問サービスの比較

『Matcher』は個人的にも最も利用していたサービスで、同じ大学出身者以外からも話を聞いたり、模擬面接をお願いすることが出来ます。

受験を考えていた企業名で検索して、話を聞くだけでなく、人材系に勤める人に模擬面接をお願いしたり、1つ上の内定者にケース面接を対応してもらったりしていました。

松本

また、『yenta』は社会人同士でつながることを目的としたサービスではありますが、役員や社長クラスの社会人とつながることもできるので、就活生にもおすすめです。

ES閲覧サービスおすすめ

内定者のESや選考体験記を閲覧できるおすすめサービスを紹介します。

内定者のESをいくつか確認することで、評価されやすいポイントや書き方が分かり、効率的にESを作成することができます。

スクロールできます
順位1位2位3位

ONE CAREER

unistyle

外資就活ドットコム
総合評価★★★★☆
4.3/5.0
★★★☆☆
3.6/5.0
★★★☆☆
3.5/5.0
ES・体験談数45万件以上ESだけで7.3万件以上7,000社以上を掲載
掲載企業大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
大企業から中小企業まで
どの業界・規模感も網羅
外資系に強く
高学歴向けが中心
イベント等200社以上の
説明会動画が見れる
GD対策イベントや
合同説明会がある
コミュニティに参加できるが
高学歴向け
公式サイト公式サイト公式サイト
ES閲覧サービスの比較

上記3つのサービスを利用すれば、ほぼ全ての企業の選考情報は手に入ります。

中小企業やベンチャー企業などは、受験者の人数が限られており内定者ESが見つけにくいです。

はるか

多くのES閲覧サービスに登録しておくことで、内定者の選考情報を集めることができます

長期インターンサービスおすすめ

就活で役立つガクチカを作りたい大学1.2年生、企業研究や業界研究を進めたい大学3年生には長期インターンがおすすめです。

社会経験を就活前に積んでおくことで、他の学生と差が付けられ、就活を有利に進めることができます

スクロールできます
順位1位2位3位

Wantedly

Infraインターン

ゼロワンインターン
総合評価★★★★★
4.7/5.0
★★★★☆
4.4/5.0
★★★☆☆
3.7/5.0
求人数約1.3万件600件455件
企業の質リモートワークや
週末だけなど働きやすい
就活に役立つ
企業も多い
時給1,200円以上の
求人も多い
募集地域8割が首都圏7割が首都圏8割が首都圏
公式サイト公式サイト公式サイト
長期インターンおすすめサイトの比較

Wantedlyはベンチャー企業などに勤める社会人向けの求人が多いですが、学生インターンを募集している企業も多くあります。

社会人と同様に週5日ほど勤務を求める企業もありますが、求人数が多いので週末だけの企業やリモートワークの企業も見つかりやすいです。

松本

全体的に、首都圏での募集が多いので地方学生は3つのサービスを併用することをおすすめします。

まとめ

就活エージェントが闇と言われる理由について説明しました。

就活エージェントは、利用者がエージェント経由で入社することで紹介料がもらえるので、希望の求人が紹介されなかったり、担当者に十分なサポートを受けられないと感じてしまうこともあります。

はるか

就活エージェントを上手く使いこなすためにも、複数の就活エージェントを併用して試してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次