獣医師の年収は低い?理由と給料アップのための方法まとめ

憧れだった獣医師にはなれたけど、ハードワークの割に給料が低い..。と悩んだりすることありますよね。

この記事では現役獣医師の筆者の経験をもとに「獣医師の年収が低いのか」「高めるためにはどうした良いのか」について解説していきます。

この記事のまとめ
  • 獣医師の平均年収687万円は低くない
    全職種(433万円)よりはずっと高いが、医師(1,428万円)や歯科医師(811万円)と比べると大きく劣る
  • 年収を上げたいなら転職エージェント
    一定の経験があれば転職で年収を上げやすい。まずは最大手のVetAgentに相談してみよう
目次

獣医師の年収は低くはない

まず、獣医師の年収は決して低くありません(平均給与:獣医師(687万円)>>全職種(433万円))

獣医師の給料は平均年齢37.8歳、年収687万円(月収49.5万円、賞与92万円)であり、全職種の平均を200万円ほど上回ります

平均獣医師全職種
571万円302万円
735万円545万円
男女計687万円433万円

(参照:民間給与実態統計調査
(参照:令和4年度 賃金構造基本統計調査 厚生労働省)

上記のように、男女で差は見られますが、​​​​​​全職種の平均と比較すると大きな差があります。正社員以外のパート勤務も含まれていることもあって、特に女性だと2倍近く高くなっていますね。

補足|獣医師の細かい職業別の年収

さらに細かく「職業別の平均年収」を見てみると次の通りです。

職業別年収の目安
勤務医獣医師600万円
公務員獣医師600万円
企業勤務獣医師600~800万円
動物園、水族館獣医師400~450万円
JRA(馬)650~1200万円

職業によって差が開いていることがわかりますね。「動物園、水族館獣医師」を除くと、全職種の平均年収(433万円)を大きく上回ることがわかります。

さらに職場次第では数10~100万円単位で給与が変わることもあるので、獣医師になった後も職業選択は大事です。

獣医師の年収が低いと感じる理由

ここでは、低いとは言えない「獣医師の年収」が、なぜ低いと言われてしまうのかを解説していきます。

獣医師の年収が低く感じる理由
  • 国家資格取得までが困難
  • 精神的にも肉体的にも重労働


獣医師の年収が低いと感じる理由①
国家資格取得までが困難だから

獣医師になるのは大変です。皆さんもご存知の通り、下記の手順を踏む必要があります。

国家資格取得までの道のり
  • 偏差値の高い大学に受かる
    全国で17校しかない獣医6年制大学を卒業し、国家資格に合格する必要がある
  • 6年間大学に通い、勉強し続ける
  • 国家資格に合格する必要がある

毎年、国家資格取得者は1,000人程度しかいません。獣医師になるのが困難なため「年収が低い」ように感じる人は多いようです。

補足|医師と比較すると年収は大きく劣る

悔しいことに、頑張って勉強して6年間大学に通っても、同じ6年制の医師(年収:1428万円)、歯科医師(年収:811万円)と比較すると年収は低いのです。

(参照:農林水産省「獣医国家試験結果」)
(参照:厚生労働省「令和4年度 賃金構造基本統計調査」)

特に、人間を診る医師とは2倍以上の差がありますね。同じ「医師」として比較されることがあるので低く感じるのかもしれません。高額な獣医学部の学費を6年払っても、見返りが少ないのが獣医師の悲しいところですね。

獣医師の年収が低いと感じる理由②
精神的にも肉体的にも重労働だから

獣医師の年収を低く感じる理由2つ目は「精神的にも肉体的にも重労働だから」です。仕事が大変であればあるほど、給料の低さを実感するのではないでしょうか。

重労働な理由
  • 肉体的な負担
    • あらゆる分野の日々の勉強が必要
    • 勤務時間は朝早くから夜遅くまでと長い。夜間や休日出勤したりすることも
  • 精神的な負担
    • 動物の命に関わる仕事なので、動物好きであればあるほど精神的にも辛い
    • 飼い主との距離も近い接客業である(感情抑制が求められる)

実際、「働いて数年のうちに臨床獣医師を離れる人」は多いです。肉体的にも精神的にも耐えられず、公務員獣医師への転職を決める友人、同僚を何度か見てきました。

補足|「海外」との年収比較

獣医師の年収の高い海外(例えばアメリカは約900万円、オーストラリアは約1,200万円)と比べても「獣医師は年収が低い」と感じるのかもしれません。

ただ、アメリカやオーストラリアはそもそも物価が高いので、それほど暮らしに大きな差はありません。苦労して獣医師になり、重労働をこなしているのに年収が低いというは、もやもやしますよね。

獣医師の年収はなぜ高くならないのか?

ここからは「獣医師の年収はなぜ高くならないのか」について解説していきます。理由は単純に「ペット医療が儲かりにくいから」です。

ペット医療は病院が儲かりにくい

ペットの医療費はすべて「自由診療」なので、病院が儲かりにくいです。病院が儲からないため、獣医師に分配できる給料が少なくなってしまうのです。

自由診療の特徴
  • 治療費が統一されていない
    • 価格競争が起きる
    • 保険加入は任意なので治療費は100%負担
  • 病院運営のための国からの補助がない
    • 医療機器の導入や維持にお金がかかる

例えば、初診料について考えてみましょう。下記のように、窓口負担額は動物病院の方が高いにも関わらず、「動物病院」の利益は「人間向けの病院」の半分ほどになってしまうのです。

初診料病院の利益窓口負担額
人の病院2,700円810円
動物病院1,500円1,500円
(それぞれの金額は目安です。)

上記のように、同じような初診をしていたとしても、病院側が得られる利益に2倍の差ができてしまいます。この差がそのまま「医師と獣医師への給料の差」として反映されているのです。

年収は低くて当たり前という風潮もある

余談ですが「獣医師は年収が低くて当たり前」と考えられていることも原因かもしれません。

実際、「年収がいいから獣医師になる」という人はおらず、少なからず動物が好きで、動物を助けたいという意思の元に職業を選んだのではないでしょうか。

そのため、残業も当たり前、休みも少なくて当たり前、もちろん年収も低くて当たり前という風潮があり、年収が理由で獣医師をやめることは少ないはずです。「獣医師が年収が低いことを受け入れている」のも、年収が上がらない原因の一つかもしれませんね。

獣医師が年収を上げるための方法 

ここでは獣医師が年収を上げるための方法を解説していきます。

獣医師が年収を上げるための方法
  • 転職する
  • 出世する(今の職場でスキルアップ)
  • 副業する
  • 開業する

より現実的な順番で並べたので、ご自身に合ったものを調べてみてくださいね!

獣医師が年収を上げるための方法①
給料のいい地域や病院への転職をする

「リスクを取らず年収アップを目指す」なら、給料のいい地域や病院へ転職がおすすめです。

病院やその地域によって年収や福利厚生は大きく違うため、条件のいい病院を探すといいでしょう。2次病院での勤務はキャリアと年収アップが見込めます。

獣医師は3年ごとに職場を変える人も少なくないので、業界的にも転職はしやすい部類です。悩んだら一度「Vet Agent」等の転職サイトで探してみてください。

獣医師が年収を上げるための方法②
今の職場で年収をあげる

「今の病院から転職したくない」場合は、専門知識を身につけて自分への付加価値をつけることで、職場次第では、年収をあげることができます。

実際、現在の獣医師は「総合診療科(いわゆる広く浅く診察できる)」が多いので、特定分野に特化していれば、雇用者(動物病院経営者)が評価してくれる可能性があります。最近では各分野での認定医制度も充実してきているので、活用するのも一つの手ですね。

獣医師が年収を上げるための方法③
副業する

「現在の職場や働き方はそのままが希望」の場合は、副業がいいでしょう。

副業の選び方
  • 獣医師の知識を活かせる仕事
    • 普段の仕事にもつながる
  • 獣医師とは全然関係のない仕事
    • 獣医師とは距離をおいて副業したい場合

勤務先が副業可能かどうかを確認してからトライしてみてください。

獣医師が年収を上げるための方法④
開業する

「大きく年収アップを目指す」のであれば開業がオススメです。 

最近は獣医療の細分化も進んでおり、開業自体成功難度の高いものになっています。開業後も経営がうまくいかず、勤務獣医師とそう変わらない年収になってしまう場合もあります。開業資金や運営費で手一杯とならないように、他院との差別化を測ることが重要です。

第三者継承」という、すでにある病院を引き継ぐ方法もあります。開業資金もなく、患者さんもいる状態からのスタートとなるため、開業に伴うリスクは低くなります。

自分の目指す病院づくりをすることも出来るため、自信のある方には開業はオススメです。

まとめ

この記事では、獣医師の年収について多方面から紹介しました。

獣医師の年収は実際に低いわけではなく、国家資格取得までの難易度や仕事内容に対して年収が低く感じられる、ということが分かりましたね!

年収アップのためには、獣医師としてのキャリアアップを目指すか、副業を行ってみるかが選択肢になります。

年収に不満を持っている方、年収が少ないなと獣医師を目指すことを諦めてた方も、本記事を参考に自分にあった方法を探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次